ツインレイ」カテゴリーアーカイブ

体験は続くよどこまでも~♪

さおりです。

去年からの一連の流れの中で、振り返ってみて一つわかったことがあった。

幼少期から色んな事があって、自分を閉ざして生きてきて
結婚してからも10年閉じてた(笑)←長っ

そしてトラブル?という名の心配や不安は、実は私以外で起きていたことを
気付いたんです。

それは自分不在の中で起こったこと・・。

誰かの為に動いた私と

私の間で起きた事。

で・・。

今回起こったことは、自分と自分自身のことだった。

ん~~~。

書いててわかりづらいと本人も思うくらいの言語力がない・・
あくまでも全部、私の体験には変わりないのだけれど、やっと自分自身がパートナシップを取り戻してくる中での体験と働き。

両親や子供のことで動くことって私にとっては意外と簡単にできていたこと。その原動力よりも、私個人のことで動いた現象はそれはそれは思ったよりも深く、沢山の愛とともに傷ついたし
人生で初めて人に対して激しく「怒り」をぶつけた瞬間でした。
そこにはしっかり軸があって、「何を言っているの?早く気付いて!」という願いからでした。

より私を自由にさせてあげたいという魂の願いからの発動だった気がします。

ツインレイという言葉が広まっている中で、ここも腑に落ちることがあった。
人からどれだけ「違うよ」「フレーム」だよと言われても執着したい、もっていたい体験があったから。
その観念をこれから少しずつ融合させていける所まできました。

統合過程のプロセスの一部の一旦を担ってもらった相手であったこと。
何よりも大切な言葉たちを置いていかれているから、それを持ちながら私自身の願いへ向かうのだと感じます。そこに関してはやはり、魂の一部だったのだと感じています。

ここはハイヤーセルフににも言われていたんです。
「全体の流れの一部であり、プロセス」ってこと。

だけど、人間の私が切なさや怒りや憤りを今までにないくらい感じたことで全体を俯瞰できる位置に戻りたくなかったのかもしれない・・。
全体の一部として働くことってみんなやっているけれど~~。
でも~~T-Tっていう葛藤。
 
なんか人間味が失われていく気がしていたからってこともわかるけど・・
これからはそこも自由自在に行ける気がしてます♪

魂の願いのひとつ。
歌を始めてみる私・・。
タイミングはもうすぐ~~♪

トラベリング~~^^v

LINEで送る
Pocket

宇宙シェア会とパンケーキ、そしてツインのお話

さおりです。

12日はこの方との宇宙シェア会でした。

天乃羽 七さん
 
前日?だったけか・・・急に情報を拾ってアクセスしてみた。
スイスイ事が運び、参加することに。
 
当日、なんと奈良はゲリラ豪雨。

しかも、我が家は水が上がってきやすい地域で気づけば玄関には大量の水が入っていて
靴が浮いていたし、トイレは逆流~~(笑)

ちなみに我が家の玄関
完全床下浸水です。

でもね、11時からのシェア会は行くと思ってた。

だから出掛けてみた。

すると今度は駅に溢れかえる人(@@;)

見慣れない光景に何事かと思えば、電車は運休状態。

「あ、でも大丈夫なんだよ♪」という直観だけはある。

40分待ったけれども、動いた電車。

朝の7時過ぎから待っている人々もいたみたいで、私はラッキーだなって思いながら

満員電車に揺られ、シェア会に遅れたけれども無事に到着。

こういう信頼感は私の中には普通にあって、ななさんに宇宙と繋がっている体感ありますか?
と問われて、このことが体感なのだという感覚がもはや普通になっている事に気が付いた(笑)

そして話はツインレイのことに・・。

ツインレイのお話。初めて出します。
これはやっと私の中で理解が進み始めたことと、同時に昇華されていっている感覚があり
表に出す許可できたのだと思います。

なので、過去の関連記事にもタグ付けをしました。

ななさんとの、あるある話を沢山シェアしました。

そしてこれを肉体もってやるには辛いし、死んでしまうという見解が一致した。

どれだけ魂が望んでいても、やりきるにはどちらかが覚醒しててもしていなくても

波瀾になって破たんする。(あ、あくまでも私の場合)

めっちゃいい感じで進む人もいると思いますし、これから全体はここへ向かうのだろうと
思っています。

ツインレイの体験って本当にそれぞれなんですよね。

人ぞれの体験があり、それでオールOK。

でもって、これってツインレイ?って問われてもそれがそうだったのか?
真実は自分の体感だけでしかわからない部分。

エネルギーとして存在する。

そういった方が私には響くかな

きっとこのミッションする人ってマニアックです(笑)

そして自分に対してストイックです、きっと・・・。
 
 少なくとも私は・・・ですよ^^
 
  
  
   
ちなみにね恋愛の延長ではないです。

恋愛だと思ってるくらいの一般的なお付き合いくらいが、いい関係性を創ることが
できるだろ~~な♬って思います。
 
ツインレイは陰陽統合の為、全体の一部として動く感じです。
自分という肉体を使って。

ここは関係性が異性だけではないですし、相手が自然(木とか、場所)とかも在りえるらしい・・

人間同士だと自分の光と闇を見させてもらうし、出しもします。

光の時はめちゃめちゃ至福です。本当に・・このエネルギーを感じたらこれが続くだろうって
思いたいし、何度も思い出します。

そのうち統合するための闇が出てきます。

これはかなり過酷でした。自分にも見せられ相手にも出すのですから、
自分が観たくないものを突き付けられます。

ただ、私の体験でお話するならば

私の場合、深めているところのテーマを正直に自分を超えるためにやった感じです。

その時のテーマは自分の素直な気持ちをシンプルな言葉で伝えることでした。

遠回りをせずに、嬉しい、楽しい、悲しい、寂しいといった言葉たち。

それは相手にとっては「わがまま」でしかないと捉えられました。
わがままを言ってはいけないと自分の中に許可をしていないから、当然の抵抗だと思います。
 
違和感を感じたならば内側で統合させていき、反転させて外側へ出すのです。

全部をそうしてもいいけれど、私は2人で超えていきたいという感覚が強かったと思います。

でも当然精神的自立がそこには求められる訳で、  

私自身精神的な部分ではずっと深めてきたという自信もあり、その立ち位置から見ると

申し訳ないけれど(傲慢ではなく純粋に)、精神的にはほぼ着手できない状態のあり方でしたので理解不能だったろうと思います。 

ん~言葉にするのは本当難しいのですが、精神的にも「知っている」という感覚の人ではあるけれど、右脳と左脳が連動していなくて理解したくないという感じかな・・・。
 
 
究極の担当をやるには、社会的にやらなければならない圧倒的な精算が進んでいなくて(相手が)、最後は私に対して恐怖のエネルギーだけを出しながら、被害者になって去っていった。

そうすることが自分にとって楽な選択方法であり、私の為でもあったのだろうと今はわかりますが
 
波を感じるのが得意な私は、精妙なエネルギーを感じてしまう自分を呪いつつ

人間的切なさや悲しさや、怒り、どこにもっていっていいかわからない憤りを

消化するのに時間がかかりました。

正直まだ完全ではありません。時々、ふいに魂が繋がっている感覚を思い出し
 
まだ3次元的映画のシーンを夢物語として消せない自分がいます。

人間をしに来ている以上は、そこは消せないし消す必要はないもの知っていて

折り合いをつけていくところなんでしょう。

それが自分の調和であることに繋がるから。

 

なんで、願ってもなかった形で私がこのテーマをやっているのか?

本当に苦しんで・・(そりゃ魂は知っていたのかもしれませんよ(笑)

ハイヤーセルフにどれだけ、文句いったかわかりません^^;

本当、死ぬかと思ったから。

前々回の多くの人が自分の願いに沿っていきていく。私のさらに深い願いへ。
のなかの人魚のお話とlink
していたことがわかり、またそこへ戻ろうとする私の感情が

動いてしまいました。

とはいえ・・・

ごめんなさい。しばらく勘弁してください・・・な状態です。

まだやるんか~~い(笑)と突っ込み入れながら。

今度は新しい形を望みます☆☆

 

私は動物の個性心理学的にいうと

「真面目な冒険者」なのですよ。
 
だから、何事も真面目になってしまう。

傷つきながら、真面目に冒険するんです(笑)

おおきな海原へ向かってね♪

それが私の個性だと受け入れながらね~~

LINEで送る
Pocket

まだまだ観察途中ですが・・・。そしてお知らせ♪

さおりです。

去年から始まった私の愛を知る旅。

まだまだ観察中だし、これからもずっと続きますが書いてみたいと思います。

 

私たちは愛を知るために産まれてきた。

その事を体験して体験して、自分を知る事をしている。

それは無意識であろうと、意識的であろうとみんなが持っているテーマだと思います。

私の両親はまだまだ世間では元気な年齢でありましたが、すでに他界しています。

両親と過ごした人生で学んだことは全力で愛に生きていたこと。

私はその愛の形を沢山見せてもらいました。

それが、一般的に見れば浮気や借金や、鬱や自殺という行為になるわけですが

その根底には「愛」が原動力としてあったことを私は今、つくづく感じています。

その体験で、私自身がタブーとしていたこと。

自分の中ではありえないことを体験し、味わいました。

本当に自分を抑えてバカ真面目に生きてきて、自己探求の道に入ってからの体験。

まさか自分が・・

でも、そこにはエネルギー的に嘘を付けない体験が存在していてそれは真実でした。

エネルギーに敏感な体質だからこそ、嘘ではなかったことも体感として残っている。

でもこの幅の大きさゆえ、私は至福と絶望を体験し自分は何がしたかったのか?

どこへ向かうのか?

もう何もかもわからなくなってしまい、何もかも感じなくなって

一度は走馬燈を見てしまった・・(笑)

私、このまま死んでしまうんだろうか?

そんな事を感じながら、眠りについた夜も・・・。

溢れてくる涙はどれだけでも流したし、嗚咽もした。

両親が亡くなった時でさえも、嗚咽するほどの泣き方はしなかったのに・・。

涙ってどれだけでも沸いてくるし、流せることを知った。

 

結局、光と闇は同じ愛からできていた。

この陰陽のマークに向かう体験。

その光と闇は自分の中に存在していて、どれだけ光を追い求めたって

自分の中に眠る闇を認めるしかなかったこと。

自分の光は至福で、闇は苦しかった。

闇を見せ合いいたたまれなくなり、背を向けて歩き出してしまった。

でも、この闇の中にあった感情こそが「愛」だった。

あ~~嫌っていた感情は 愛 でできていた。

純粋な欲求を見ないように、隠してきたなぁ~。

それは私の癖だったんだ~~ってわかった。

 

ありのままの私。

その私を自分が何も変える必要のなかった部分であり、とても愛おしい感情だった。

子供みたいな自分や、私だけを見て欲しかった独り占めしたい欲求や、

やさしさ、怒り、悲しみ・・。

強がったり、傷つきたくなかったり、甘えたかったり、孤独になってみたり。

なにも出来なくて、観る事しかできなかった自分。

ぜ~~んぶが わたし

時に相手の感情を引き受け、自分がなくなり精神分裂でもしたか?という苦しみを体験したり

言いようのない念を感じ、落ち込み身体に痛みが発生するという体験もした。

まだ、痛みは残っています(これはおそらく誤解から発生しているけれど、私に向ける方が楽なんだと思うんですよね)

この念さえも、根源は愛なんだと知った時

人間はどれほどに形を変えて愛することをしたいのだろう?って・・。

この痛みさえも受容できた・・。今この瞬間に。

 

今・・とっても私のハートが震えています。

震えるほどの愛。

色んな形と時を超えて、まだまだ知っていきたいのだと思います。

あ~~

感謝と共に涙が・・T^T

だって・・・めっちゃ頑張ったもん。

それは私の体型が変わるくらいの、体験でした♪

自分を抱きしめるよ~~☆☆☆

<お知らせ>

 無料と有料ヒーリング再開します。

 愛の器広がった私のヒーリング♪

 お楽しみに~~~

LINEで送る
Pocket

ハートチャクラの大解放中♪

 

さおりです。

「虹のたね蒔き」のHP

シリーズ化した「小さな嘘とゆがんだ愛」のあと

どうやって赦していくかを書いてみたのでみてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人的にも今日は、大解放が起こりました。

色々あっての今日まで、頭でたくさん納得させてきた部分や怒りや悲しみとして

出てきた部分を感じていました。

少しずつ少しずつ解放したけども、まだ残っていた部分を大号泣して解放。

今回の事に関しては本当の意味でやっと泣けたのかもしれません。

 

今年は本当に色んな事に泣いていて、それだけでも人生の中で一番涙を流している年。

第4チャクラは涙を流した分だけ、また純度が増していく気がします。

とても振動数が変わり、泣いたあとは小刻みに揺れているのがわかるくらいでした。

こんなにも悔しくて、情けなくて、歯がゆくて、惨めで・・

こんなにも伝わらなかったことに一番自分が傷ついていて。

言いたかったことが、裏目にとられていたという刹那さ。

本当はこうだと思っていた・・からこそそこに一番に辿り着きたくて。

だけどもその選択肢を一番に提示できなかった。

むやみな優しさにたくさん傷ついていたし、それを言えなかった自分が一番嘘をついていた。

それを認めて赦して。

そしてここから私はどう立ち上がって、どう歩きたいのかを少しずつ光を掴みながら

また道を創っていくのだと思います。

とてもとても濃いワークはただいま、次のステージに移行中です。

周りのみんながね・・

と~~~~っても優しく包んでくれて、私は幸せです。

ありがとう~~♡💛♡

 

 

LINEで送る
Pocket

終わりと始まり。

さおりです。

先日、点描画を描きました。

広がっていく意識って感じかなー。

前回の記事の後 →愛の形をしる旅に私たちはいる

この時、私の中に産まれた立ち位置でした。

どんな形であっても、愛する人を愛し抜くと言う決心と信じ抜くという視点。

その直後でした、事象としてすぐに動いたのは。

流れ的には仲間のサポートもあったのですが

新月を前に追い風のようにやってきた。

事実を受け入れながらも、傷ついた心。

魂のところでは一緒だと知っているのに、肉体は離れていく選択でした。

私が体験した真実は、確かにあったから。

まぎれもない真実。

 

私は母の役割と言う立ち位置ではいたくなかった。

高め合い、学び合い、調和しながら、愛し愛される存在を好む私と

ただただ母の腕の中、癒して欲しいと言う欲求は違うからね。

存分に母の温もりを感じればいいと思った。

最後は愛のムチと言わんばかりの暴言を吐いた(笑)

けれど、私は愛をもって

私の立ち位置からずっと変わらず愛してることを知っている。

理由なんてない。

『それを知っている』という感覚だけ。

 

とは言え、揺れはしました。

何度も沸いてくる言葉やシーン。

どれだけかかるのかな。って思ってたけれど

案外早く戻ってこれた私を褒めたい。

いつもやる事は自分の事。

あなたを見て

私を見て

不愉快や葛藤が起これば、自分を信じて違和感を感じていくだけ。

それしかない。

壊れることなんてなく、壊れると思って恐がっているのは頭の声。

壊してしまってもなにも変わらない。

案外壊れた方が、新しいステージへと移行しやすい。

私たちは壊して、再構築して

そうやって成長するもの。

壊すことを嫌がるのは、自分を守りたいから。

でも、それでもいいよ。

あなたが守りたいものがそこにあるのなら。

自分のペースで、しっかりと歩んでさえいれば。

みんな 変わらず成長しているもんね。

『終わりではなく始まりです』

そう言ってはじまった、私の新しいステージは終わり、また新しいステージが始まる。

 

LINEで送る
Pocket