フリーセッション」カテゴリーアーカイブ

自分で選択して決めていける力を養う

さおりです。

先日から続いて書いているテーマの自己信頼について、なんかシリーズ化している(笑)

自己信頼を育てていくには、まず「自分はどう感じるのか」というのが大切になります。
自分の軸が傾きがちな人は、他者から「こうしたらいいよ」と言われると
自分の最初の気持ちに気付かずに、相手側へ飛び越えて「そうする」「そうしたほうがいいのかも」という心理になります。

チャクラで言うと、最初の直観である第6チャクラを無視し、
第3チャクラの境界線を相手に明け渡して違和感をすっ飛ばし
相手の意見を第4チャクラで受容してしまったことで捻じれが起きて、
第5チャクラで決断してしまう。
第1チャクラの欲求や第2チャクラの喜怒哀楽もよく感じれない状態ですね。

まずは「こうしたらいいよ」って言われた時、「そうかなぁ~」と思ったら
そうかな?と感じる気持ちを感じることの方が信頼です。
その後で他者がしてくれた提案を受け入れるか断るかの選択をするようにしてみましょう。

そうかな?のサインとして色々ありますが・・。
・胃の辺りがぞわぞわする。
・気持ち悪い。
・お腹が痛い。
・頭が重い、痛くなる。
・私が悪いからそんなこと言われるの?
・あなたの言うとおりにすれば状態が良くなるの?

などという、気持ち悪さや自分を責めたり疑問が沸くのであれば
答えを急がずに保留して、自分の状態を安定させることの方が大切です。

自分が好きなこと(物質的)にエネルギーを注いでみることです。
・大好きなものを食べる
・映画や演劇を見る。
・信頼できる人に話してみる。
・大声をだしてみる。

こんな行動をしてみて自分を満たしてみること。
そこからでいいんですよ。
決めていくのは・・・。

自分を変えられるのは自分だけです。

もし誰からか「こうしたほうがいいよ」と言われて違和感を感じるのなら、
相手側の投影か、恐怖心を与えてコントロールしたいという欲求であることの方が多いのです。

いづれにしても自分に置き換えた時、関係する人との中で共通するところを自分で感じ
コントロールしたい部分が自分にないか、コントロールされたと感じる自分に対して
なにか他に求めているものがないか?
そこを感じる必要性があるだけです。

現象は「自分を超えさせるため」に自分で起こしています。

そこをよく感じてくださいね。
迷ったら、フリーセッションでお待ちしています。

フリーセッションの詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

立ち止まっても、また歩み続ける

さおりです。
今日は肌寒い雨の奈良です。
午後から、チャクラ構築ステップワークでした。
第2チャクラの回では、感情にフォーカスします。
シェアを聴きながら、前回の第1チャクラ後に自然と第2チャクラの取り組みに
入っていて、それを日常において認識しながらされているし
そんな自分を客観的に見れるような意識状態になっておられたことに、とても感動しました。
「自分の成長はわからないし、見えづらい」とおっしゃっていましたし、私自身もよく自分に対しては感じるとこです。
でも、こうして目の前の人の意識が高まるほどに確認させてもらえるのがありがたいですね。

18日に起こった地震では私の住んでいる奈良でも結構な横揺れで(建物の構造も関係ありますが)、改めて生きていることは、当たり前ではないという感覚でした。
私の中では恐さはなく、寧ろ静かでした。
意識を向ければ混沌としている部分ももちろん感じたわけですが、それよりも何か信頼するようなエネルギーを感じました。
何か新しい意識が産まれているなぁ~という感覚。

私自身、命については幼少期から関わる事が多くて、色々と感じなければならないことを放棄して、頭で納得させてきたことが本当に長く続いたなと
振り返ってみて感じます。

悲しみを感じきるのが苦手だったり、怒ることも苦手。
怒るポイントがわからないのは、自分がもつ振り幅も関係していて、怒るという針が自分に
触れるのが中々わからないのです(笑)
この前自分の中の男女性を見てもらった時に、女性性と男性性の開きから起こっていることも
わかりました。

女性性の存在の特徴でエネルギーを感知するのは得意だけど、言語化するのが不得意。
今「心」については人一倍感じることが得意であると同時に
これまた苦戦する事もしばしば・・。というのはここから発生してたんだな~と。
妄想か現実か?
なんて思う事も本当にありましたしね。
今でもあるか・・(笑)
だけど、自分の感じ方についてはとても信頼が深まってきています。

これからも受容していくことと、信頼していくことはより自分の源泉へいく道筋と
なっていくのでしょう。
例えなにかあって立ち止まったとしても、歩みは続けたいな~。

フリーセッションは自分の立ち位置を知り、方向性を知って修正していきます。

LINEで送る
Pocket

ストレスのベクトルから少し広げてみた

さおりです。
昨日書いた記事「ストレスのベクトル」について
もう少し広げて書きたくなったので・・

病気の根本は「愛」をしるためだとおもっていますが
知るには「体験」必要になります。

他者に向けている優しさのベクトルを自分に向けなおそうと言いましたが

その前に「動機」があるのですよね。

どうして優しい人に見られたいのか?
優しくした後に「ありがとう」という言葉が聞きたいから
他者を優先するのか・・。
優しい自分でないと価値を見出せないのか?

などなど、優しさの中にも色んな自分が握りしめている動機がある。
これが制限になっていき、「恐れ」になる。
他人軸の生活が長いと、本当に気付きにいんですよね。
自分がどのような動機があって行動しているのか?

たとえそれが原因で病気になったとしても、それが自分に対して起こした
結果なのだと思います。
病気になったからこそ、「他者からの優しさ」を受け取る瞬間が訪れたとも言えます。
その中で気付けることが沢山あると思います。
これが愛を知るための、体験。
どちらかが悪いのではなく、相互的に同時に起こっているのだと思います。

私は自分が卵巣嚢腫になった時、自分をあきらめていた事に気付いたんですね。
ここは、大きなことでした。
色んなことに諦めていた自分を他者に投影してよく怒っていたのです。
怒りさえもなかったことにしていたと思います。
だからこそ、しっかり自分で軸を立てることを今もやっています。

最初自分に優しさを向け始めた時、同時に冷たさを覚えました。
シチュエーションにもよりますが、他者の課題を奪わないという視点に立った時
その場で言わないという「優しさ」を選択することがあります。
それはたいてい、今のタイミングではないなと思ったりするときなのですが、
言わないことが冷たいなっと感じたのです。
一見、嫌われると思うような行動でさえも自分が一番そのことを理解してあげていれば
言っても言わなくてもどちらでもいいなって思えるようになりました。

伝えることで嫌われても、伝えなくて嫌われても
それって私の中の不安がそうさせているのだという事を理解もしているんだよね。

最近は益々細かいメモリを鍛えられているから、自分の中で感じた気持ち悪さは
「伝える」ということをしています。
第5チャクラのところなんですが、ここは第3チャクラとよく連動しているなぁと思います。
第4チャクラがしっかり自分に対して受容を高めていくほどに、伝えるということを
したくなる瞬間が訪れていくのだと感じます。

チャクラ視点については、またHPで書いていきますね。

家族といる時の私は、いつも以上にボケ感がひどいのでよく

「聞いてないのにわかったような返事をしてはダメ」
と突っ込まれます(笑)

「ごめんなさい」
というしかないのですが・・・。

たいていドラマの俳優さんの名前絡みなので、私にはあまり覚えたいという気持ちが
ないだけなのですけど~。
でも、視点を広げると意識を細かくもつことを言われているな~とも感じています。

なんか、話がそれていった気がする(笑)

昨日の最後にも書いたけれど、言葉を変えて書いてみよう。

「生きる」という事は、「体験」です。
感情を通して「自分はどうしたい?」に気付けると思います。
怒ってはダメではなく、
「怒っている自分はいったい何を知りたいの?」というのが
ベクトルを内側に向けること。

感情はなかったことにせずに、しっかり自分の為に体験させてあげよう♡

自分の中から産まれたがっているインナーチャイルドをしっかり成熟した愛へ
変えていこう♪

こんなお話はフリーセッションで受け付けています。
3~5回コースが人気です。

LINEで送る
Pocket

純粋な魂に触れた時、感動してやまない

さおりです。

みんな「魂」というものが存在してます。

みんな魂の願いがあります。

肉体をもった私たちは、その魂の声が聴こえない状態です。

日常に追われ、疲弊し、フラストレーションがたまり
それを解消するために、何か探し求める。

これからは精神性を開くことで、もっと心の豊かさをベースに生きることが
問われる時代になっていくでしょう。

今月の始めに熊本で親戚の子供に逢いました。
まだ、首の座らないその子の魂に一瞬にしてチューニングされた時
私は涙が止まらなかった。
内側から沸いてくる涙を止めれなくて、きっと親戚夫婦はびっくりしていたことでしょう(笑)

あまりにも純粋で、あまりにも綺麗で
そこにはただただ目の前の人を「愛する」という
肉体をもった赤ちゃんが存在していた。

みんなこんなに輝く光の存在
 
私たちも本来の自分を取り戻していくということは

「純粋な自分へ還る」こと。

純粋な自分の願いに触れた時感動が起こります。

パートナシップで自分との仲直りをしていこう♪

フリーセッションで潜在意識を書き換えとパートナシップをはかる

自分の育て直しはチャクラ構築ステップワーク

LINEで送る
Pocket

どんどん本来の在り方へと戻る

さおりです。

意識のシフトが加速しています。

今、自分の顕在意識でキャッチしていることで

必要ではないと感じているのに揺らぐような感覚であったり

行き先は見えているのに、古い習慣の方へ引き戻されるような感覚に
なる人が多いかもしれません。

勇気をもって、新しいフィールドへ立つことを自分に許可してください。

今まで自分はこうだと思って生きてきた仮面は、はがれ始めています。

本来の自分に戻りたがっているのです。

誰かに言われて誰かの為に生きてきた自分に気付いてください。

正直に生きる事が自分と他者への優しさになるから。

黄金の宝は自分の中に眠っています。外ではなく自分の内に。

何度も何度も新しい自分と出逢ってください。

その瞬間感動します。

フリーセッションでお待ちしています。 

LINEで送る
Pocket