多次元的視点」カテゴリーアーカイブ

私が私へ送った最大限のギフト~1~

さおりです。

今回からタグに「多次元的視点」をつけてみました。
私自身の多次元的視点から見る内容ということで、読んでいただけるかな^^と。

去年の秋始まった再会が私にもたらしたこと。

この現象については「ツインレイ」として記事に何度かあげてきましたが、
またひとつ理解が深まったので書いてみたいと思います。

ツインというのは魂の双子という意味です。
そのツインの中にもカテゴリーがあります。

ツインソウル・・・自分とよく似た雰囲気や資質をもった存在で、一緒にいると心地よい。
ここに関してはソウルなので、元はひとつという概念からすれば双子という解釈よりも、よく似た
タイプが沢山いるよね~という感じ。魂のかけらを分け合っている存在。もちろん成長しあうので
すから、嫌だと感じることも多いでしょう。心地のよい夫婦ってグループソウルが同じなのかもし
れないなぁ~と思います。もちろん心地よさだけではなく学び合いもあります。

ツインフレーム・・・意識としての枠組みやフレームが似ている。という感じ。ここに関してはソ
ウルよりも人数的には少数になると思われますが、質としてより高め合い一緒に何かを成し遂げて
いくという傾向にあります。ですので自分の使命に気付いていくプロセスが含まれていきます。
心地よさと同時に、質の違いを認め合うことでより大きな目的地へと向かう相手。仕事相手かもし
れない、夫婦かもしれない、同性や子供かもしれない。ということ。意見を出し合いぶつかり合
い、認め合い、高め合う関係性。
役割としてはタイプが真逆かもしれないけれど、分かり合えるポイントも多い気がします。

ツインレイ・・・自分の唯一の魂の片割れ。一人しかいないと言われています。究極の相手。
究極が付くという事は、自分のタブーとしている側面を相手が持っていてそれを統合されることがひとつに戻るということ。
ですから、ツインレイに出逢うことは、恋愛というふわふわした体験よりも、「あなたはどんな自
分でも受け入れることが出来ますか?」という覚悟を問われます。
どんな自分でも?というのは、それって常識的にいいの?というこや
自分の握りしめている信念なんて初めからなかったことに気付かされる。そういったことの連続です。自分のタブーとしていることを難なくやってのける相手の持っている質と自分の質との統合。
もちろん自分とのピースがぴったり重なり合うという性質も持ち合わせています。だからこそ、重なり合った瞬間のエネルギーが爆発的に創造されるのでしょう。

  
ここに関してもレイの相手は異性に限定されずに、フレームより持っているエネルギーの質量が大きくなるという認識になります。
私が実際知っている方は、相手が肉体を持たない宇宙意識の方でした。

私たちが認識している概念を超えて存在させてくれる相手であり、エネルギー体としてのレイとしてお互いの関係を深めるということも在りえると言うことになります。

どの領域であっても、お互い学び合うという視点での現象化はあるわけですから、嫌だなと感じるその質を統合させるという点ではどこのツインでも変わらないと思います。

エネルギーの質量で言うと、ソウル→フレーム→レイとなり、もちろんレイは現象としてエネルギーを扱う領域が一番大きくなります。

もちろんツインかどうかにこだわる必要性もないし、知らなくても全然いいと私は思います。

ただただ純粋にお互いの関係性を育てていくことに関しては、どういう状態であったとしてもパートナーシップとしての学びとギフトが必ずあります。それがその可能性は無限に広がっていると感じています。

・・・∞・・・∞・・・∞

ただね・・私も正直わかりません。
ツインレイに関しては、そこに向かう為に(ひとつに戻る)光と闇を統合させるプロセスが前提にあるのだと体験してみてわかるし、自分も相手もしっかりとした柱をもたないと倒れます。
実際私は倒れてしまった・・。おそらく相手も。

そして何よりも私が本当に肉体をもってそのツインレイのプロセスをやりたいのか?
なのです。
 
この肉体をもって取り組むことがいかに負担がかかるのか、密度をあげていたからなのか真逆の至福感を同時に体感するというタブーと幸せという名の究極の陰陽体験。
意識体だけでは、きっと簡単に行われてしまうのだと思う。だからこそ人間としてここを体験するというのが願いなのかもしれない。
  
多くの人は地球という制限の惑星に産まれてきていること自体、何か解放させて統合するという願いがあるだろうし、もしかしたら制限なんて関係なく周りに迷惑をかけていることも気づかない事を体験する人もいる。

あぁ、言語にすると難しい。
迷惑とか制限という言葉自体が、3次元的ルールーの枠組みを感じさせるのだけれど
そもそもそのルールや枠をジャッジする必要がなく生きている人もいるということです。
それがその個人の学びであり成長として産まれてきているのだから。

まだ本題にたどり着いてないけど、既に長いので次回へ続きます。

いつもクリックありがとうございます💛

LINEで送る
Pocket

あぁ・・そうか!

さおりです。

「あぁ・・そうか!」

って、気付く瞬間が人生の中でたくさん訪れる。

それは問題に答えて解けたときの気持ち。

自分の今担当している次元でのそれぞれの問題(と思える)や疑問に取り組み腑に落としていく。

私は昨夜自分がこの3次元何を目的として降りてきたのか?を思い出した瞬間がありました。
光として降りた私の意識はどこへも行かずにずっと共にいたことを体感する瞬間でもあって、それは感動的でした。

そして今朝、前回の「次元とチャクラの体感は深まっていた」の加筆を書き終えた時
またひとつわかった事があった。

多次元を行き来している私の意識は、このblogを読んでいる人ならわかるかと思うけれど
解りやすい記事の時と難解な時がある。

よく「さおりさんの記事はわかりません」と言われることが多い。
逆に、前はわからなかったけれども、わかるようになりましたという事もあります。

それに対して、自分でもその難解さ?を感じる瞬間があるから時々どうやったらわかりやすく伝わるのかなぁ?と思い悩むときもあって。
でも、これが私の多次元的視点の才能なのだと・・
気付いた(笑)←今、めっちゃ褒めてる瞬間です♡
あまりにも普通すぎてわからなかった(笑)
 
その時体験したことを記事にしている。それがそもそも私のその時の多次元視点から書いているということ。だから読み手側にはわかりやすい時とわからない時があって当たり前なのです。
 
 
 今トランスフォーメションタロットを習っていますが、何度も出てくる「明け渡す」ことの理解も
深まりました。

私は共感力が高めだと思います。とはいえ、他の人と比べてきたというわけでもないのですが、そう感じる瞬間が沢山あるというだけ。その共感力が作用する受信力に対して辛すぎることもあって、「使いません」と閉じました。最近まで・・

自分と近い関係性の人と関わる時、本質のところと表に出しているそのエネルギーの波の違いにとてもがっかりして自分が傷つくというスパイラルに嫌気がさしていたからという理由が一番大きい。私の妄想なのか?と思う事にした時もあって・・。
本当にそれが体質なのか?ということさえも疑ったりして(笑)

それさえも、結局は自分の為であることも今ならわかる。

この共感力と明け渡すことを役割として私が使った時、最大限喜ぶ瞬間が訪れる方向へもう来ている・・。

多次元的に使うのか、フォーカスして使うのか・・

ここさえ自由に。

だから0次元・0チャクラと8次元8チャクラの重要さが活かされるのだなぁ~。
もちろん「ハートチャクラを中心に」が基本でのお話。

パズルの図柄にピースが浮いてはまっていたのが、カチッっとなったような体感です。
 
でも3次元的に生活してますし、ふつ~です。
いたって^^

おかげさまでランキング上がってきています。
ポチしてくれてありがとう♪

LINEで送る
Pocket

次元とチャクラの体感は深まっていた

さおりです。
あ~~今日は北風ぴゅーぴゅー吹いて寒い><

1日、ともちゃんのところで0-9次元アクセスワークを受けてきました。
ちょうど1年前かなぁ~。1回目受けたのは・・。

今回自分の中でチャクラの新しい構築が始まっている感覚があって、色々まとめていた時に
フォルメンの記事があがっていて。
「あ、これうける!」と速攻で申し込みしました。

チャクラのHPを今固定化して挙げていますが、今ここをどう変更していくのか
3次元的視点を置いときながら、新しいチャクラの認識についてをどう言語化していくのかめっちゃ鍛えられています。いつ記事にできるのだろう?(笑)

前回の体感の記憶はあまりないのだけれど、今回受けてみての感想。

0次元・8次元の体感として、重力と無重力

私の場合、次元の切り替わりのお知らせは、味覚できます。
どちらの次元も書き始めてすぐにこのお知らせがきました。
この体感ってもう9年ほど続いていて、最初私の口腔内が何か病気にでも?という認識でした。

でも、何年も続くこの変化はやっと次元と共に現れてきていることがわかりました、
まだどの次元?とまでわかりませんけどね。

0と8の意識を持ちながら、その間の多次元を行き来し自分は中心に居続けることの
大切さを改めて感じました。そしてこの2つはやっぱり陰陽のセットだということ。

私の世界ではどちらも「ある」という感覚で、そこをこの1年強めてきたな・・という感じでした。
ただ個人的に言うと8次元の方がふわっとした感覚が強く、0を闇と想定するなら8は光という世界になるという体感があり、そこには3次元的位置まで戻るのに少し時間がかかるのだな~って。
改めて・・。
わかったということね。
ただ次元をあげればいいって事ではないという、私の理解が深まった感覚です。

誤解のないように。。。
0が闇で8が光という固定化されたものではないです。

闇がダメという認識でもなく、闇の中にも光になりうる種があり、光の中にも闇になる種がある。

0も8チャクラはどっしりとした自分の中心に居続けながら、どれだけ自分の姿を受け入れて出していけるかということかな。私はこの受け入れて反転させ、出すという事を勇気に変えてやりきった時期がありました。
その本当の気持ちをぶつける時それが自分に対して素直であればあるほど、自分は「どう思われるか?」「嫌われるんじゃないか?」という恐怖が沸いてきます。
それでもそこを超えたくて、ずっと許可し続けるという行動。

ただ私の場合は現象としてそれを「わがまま」としか受け取ってもらえなかった。私には自分の本心を出したことで悲しさがどんどん大きくなり、かなり苦しかったのも事実。
だけどその瞬間、瞬間で私が私に許可した事は全く後悔してない。

瞬間瞬間、自分に対して誠実でありたい。という私のアイデンティティだと今は思います。
だから、嘘をつかれる切なさがとても辛いこともわかる。
 

∞で繋ぐ最後のアート

書き始めた瞬間にチャクラ調整がされていくのと、∞の間にチャクラが浮かび上がっていくことで
勝手に自分の身体のおさまるとことに調整されていくのがわかった。

ワークから数日経って、自分の心地よい場所とそうではない所の振り分けの感覚が戻ってきたこと。加えて、受信力が広がっていたことに気付き、もう必要性のないとことをわざわざ探しにいかなくてよいという選択。

なんか、すっきりしている景色が広がっています。

ともちゃん、いつもありがとう^^

次回も楽しみ~♪

ともちゃんの次元アクセスワーク

LINEで送る
Pocket

タイムライン変更って無意識でできている

さおりです。今日は雨上がりの空に黄金の満月が見えて綺麗です♪

ふたご座遠隔ヒーリングご参加ありがとうございました^^
メッセージは順次送りますね。

タイムラインの変更について・・

先日、タイムラインが変わったことを
直感で感じたと前回の記事に書いたのですが

その事について
今日友人に頂いた星読みの本を見て改めて確認しました。

どうやら、私はタイムラインの書き換えをずっとしてきて
天体の配置と運行の通常「こう!」と
されていることを
1年から2年前倒しで体験しているようです。

ですので、私が体験していくこと体験してきて記事に書いてきたことは
おそらくこれから全体に波及することもあるのだと。

このことを書くのはちょっと勇気がいりました。
 今年に入ってから、感じていたことなので・・。

タイムラインの書き換え、変更とは自分が設定している目的地または
過去のラインを、その瞬間創造しなおす、意図しなおすということ。

それは、自分の願いと行動を一致させていくこと。
内から外、
外を見て内を整え直す、確認する
そう言ったことです。

これは法則。
なので、自分が握りしめていた制限も解放させていく事が
このタイムラインの書き換えに繋がっていく事と同時に
いかに自己信頼を寄せていくかの連続です。

きっと人生の中で、あ!これ違うと思った瞬間ってあると思うのですが、その瞬間にタイムラインが書き換わっているということ。

一旦巻き込まれて渦の中に入ったとしても
中心を忘れないことを、私達は何処かで知っているからこそまた、自分の意思で軌道修正していけるのでしょう。

どんな自分でありたいのか

それは自分でしかわかりません。

私はいつも自分に対して真面目ながらも、その真面目さに嫌気がさして
遊びに出掛けて、そこでの体験をまたひとつの図書館に保管して(笑)
でも、本を書き直したいな~と思ったら
その書き換えもできるという遊びをしているのかもしれません。

内と外整えたいかた、フリーセッションでお待ちしています。
詳細はこちら
 
いつも応援ありがとうございます♪

 

LINEで送る
Pocket

何十年も握りしめていたこと

さおりです。

12月が始まりましたね。今年最後の1か月、どのように過ごすのかな?
楽しみです。

11月も終わりの頃・・。ここ1年取り組んできたことが、やっと・・・
自分の中で腑に落ちました。

あ~~長かった。
本当に苦しくて;-;

この苦しさは私に何を教えてくれているのだろう?と宙に投げてみては
追いかけているというループにもはまったし(笑)

人間的な感情を味わいつくし、ひとつひとつ私を構築しなおしたり
振り返って歪みを整えることに集中しました。

構築中はもちろん自分のエネルギー状態の揺れ幅もあるので霊障も引き起こします。
その時、その瞬間自分がどの立ち位置にいるかを改めて教えてもらうことを
現象で引き寄せます。

でね・・
私がこの1年かけて解消したかったことは、実は遡って幼少期からもっていた思い込み。

「女性として生きることを封印していた」

という事実でした~~。

両親を見て「女は男のいう事を聞いていないとひどいめに合う」とか
「愛されない」とか「わがままを言うと嫌われる」とか
「目立つと嫌われる」「かわいい恰好してると妬まれる」みたいな・・。
 
自分の取り組みをやってきて、それってやってきたけれども~~!!と
机をバンバンと叩きたくなるような叫び(笑)

でも、一番深い部分までは辿り着いてなかったんやということ。

わがままと言う名の自分の想いに関しては、この1年自分に何度も問い直してやって超えてきたのにね・・。(わがままの発生するところがそもそも違っていただけだったのね。)
 
これってめっちゃ小さき時に握り占めていたんや~と
驚愕でした(笑)

あとは「裏切り」

これは30年前に発生したことを、今回30年分の思い込みに気付くために現象化させた。
そりゃ、でかいよね。30年分のギフトを受け取るんだから。

まぁ・・・

何とも、巧妙なトリックで私は抜け出れない網に絡められてもがきまくった。

巧妙というよりも、現象自体に翻弄されている状態かもしれなかった。
見えていた景色がどんどん遠ざかっていくのだから・・。

そう言えば「包み込んでいるから抜けることは出来ない」という言葉を言われたことがあって
私は「絶対に抜けてやる」という会話があった事を思い出した(笑)
言った通りに抜け出したのですよね。その状態から。

なんで抜け出してやると言ったのか。

多分その時は、包み込む柔らかさではなくその世界から抜けれなくなる、、

操作みたいなのを一瞬感じた気がしたのです。

裏切ったのは30年前の私で、それを罪悪感としてずっと持っていたと分かった時に

笑えて仕方なかった。

「あ、私が私に怒ってた!」

同時に

「げ!!」

という声。

 そして気付いた瞬間タイムラインが変わったこともわかった。
 
そのタイムラインがどのようになるかはわからないけれど、今まで見ていた所から
シフトしたのがわかったという自分の世界。

あとは、同時進行でツインレイのエネルギーを一緒に体験した。

盛りだくさんだった為、えらく混乱した。

カルマ解消とツインレイの欲張りな現象化。

*タイムライン変わったことに関して、ちょっとおもしろい現象がすぐ起きて。
でも、それって私の課題ではないなぁ~と追いかけませんでした♪
 
 
人間としての情熱を私は存在することでいつもその瞬間注いでいたいな。

今の私はそんな在り方になってます♪

新しい女性性をどんどん育てて出していくよ~。

ふたご座遠隔ヒーリングのお申込みは12月3日まで

いつも応援ありがとうございます♪

 

LINEで送る
Pocket