心地よい生き方」カテゴリーアーカイブ

不登校という選択をすることの勇気

cocochiのさおりです。

昨日、息子の中学の卒業式でした。

FBにも少し書きましたが、彼は中学校を数えるほどしか行かなかった。
その数回も、先生に言われてしぶしぶ・・
私もたまには行ってみたら?という言葉からの行動。

彼が学校に行きづらくなったのは、小学校2年生の転校がきっかけでした。
まだ私も自分を抑えて生きていて、少しずつ自分の世界の広がりを学び始めていく段階。
慣れない土地で私もあたふたする中、学校に行きたくない息子を引きずりながら行ったことを
覚えています。

幸い、特別養護学校から赴任した来られた先生が関わってくださり、息子の不安を取り除いてもらうことからはじめました。私も毎日同伴で1学期間は通いました。

引きずって行って1週間くらいした時に「あれ?私は誰の為にこんな事をしているの?」と
なったのです。目の前で泣き叫ぶ息子を無視して、私が行ってほしいというエゴばかりで何も
寄り添えてなかったこと・・・。
それから、息子の気持ちを聞くことと私の気持ちを聞くこと。
それを続ける事でかなり落ち着きましたが、今度は主人との葛藤(笑)
「男のくせに」「甘やかしすぎやねん」「へたれが!」←関西の方言かな。
数々の罵声を浴びせ、その言葉を聞くと息子も委縮し
私は息子側に付くことで精一杯。

すると主人は自分は悪くないという態度を見せてきます。
かなりハードな毎日でしたが、私はどんどん自分の霊性が開花していくので妙な安心感が
増えていくんですよね。
その1年間はとても成長させてもらえたなぁ~って・・・。

1年でもとの奈良に帰り3年生は割と楽しそうでしたが、4年生になると担任の先生が恐い。
友達が怒られているのを見るだけで、自分が怒られているみたいで委縮する。
勉強が手につかない。
先生が黒い。
だれだれ・・も黒く見える。
そんな事を言い出しました。

まさか!!
直観でこの子にはオーラが見えているんだろうと思って、「ママのこの辺り見て?何色?」って
聞くと、その時は3色くらいのカラーを言ってくれたので、やっぱりオーラが見えるんだなぁ。
じゃぁ、学校って場所は疲れるよね~。って。
でも、彼なりに頑張って通ってました。宿題もまだこの頃までは出来ていた。
でもね、どんどん学校から帰ると動けないくらい疲れてリビングで寝てしまうんです。
本当に動けない、起き上がることもできない。
それが、毎日続くから朝も起きれなくなって・・。
サッカー部に入っていたけれど、それも学年上がるごとにどんどん行けずにメンバーには
迷惑ばかりかけていた感じでした。
感受性が強すぎるということは、本当に色んなものを吸収してしまうんですよね。

私は息子を通して自分の中にもある感受性に気付かされ、修正していく作業の日々。
女性性と男性性をバランスよくするための、現象なんだなぁ~って今振り返ると思えます。

自分の中の固定概念もどんどん崩れていきました。
中学に入ると、これまた固定概念バリバリの担任の先生(笑)
結局3年間持ち上がりで、関わる事になったのですが・・
私はある時先生に言いました。
「先生はこの子に寄り添ってますか?」と
すると
「はい。」と言われました。

すかさず
「私にはそう見えません。宿題はここまでです。いつまでに提出です。
 毎日そう言われてこの子の性格も何も知ろうとしてませんよね?
 まず、普通の話をして信頼関係を深めてもらえませんか・・。
 私も初めての事で毎日が勉強です。先生もこれから先生としてこの子に関わる事が
 きっと後によかったと思えると思うので、お願いします。」

先生は「ショックです」と言われてましたが、それから息子と関わろうとしてくれましたし
3年間で「~~しなければならない」というのは息子に対しては減った気がしました。
それがこれからの教育に活かされていくことを、願っています。

息子を見ていて、家では本当に天真爛漫に良く笑い、自分の欲求に素直に生きていることを
教わりました。
私がずっと抑えていたことは素直に生きる事。
周りに合わせていい子でいなければならない・・という事をことごとく壊してくれた。

周りに合わせ続けると、自分がなくなることを身をもって見せてくれたのです。
それでもね・・卒業式にでるというプレッシャーはあったのだと思うのです。
1人言が増えて・・
時々、多重人格かな?と感じることも。
誰かと会話しているんですよね、、、多分脳内で。
それに答えている。
「大丈夫、大丈夫!」って・・・。

学校へ行かない、みんなと楽しい学校生活は自分にとって意味があるのだろうか?
勉強しないとどうなるのだろうか?
言わないけれども、それは痛いほど伝わる。
そういう孤独さ・・みんなと違うことを責める自分と葛藤や不安。
だけどね。。
私は生きていてくれたら学校行かなくてもいいって思った。
だから、「学校へ行かなくていいよ!」って私に対して腹をくくったし、
主人にもほっといてあげてと言えた日々でした。
それは自分に対しての信頼を深める取り組みでもあった。

学校へ行かないことで自由に見えるから、今度は娘が拗ねる。
自分はこんなに頑張っているのに。。
わがままだって・・。

うん。それもわかる。
娘はまた頑張り屋さんだから~。
だけど、今は頑張るけど手を抜くところはどんどん抜いて、弟に対しても
普通に接して仲良しです^^

全部私の中の葛藤だったなぁ~って、子供たちを見ていて思うのです。
私の精神的成長には不可欠な存在だったと、本当に感じています。

だからね・・
不登校って呼ばれたって、大丈夫!!
それを嫌がっているのは紛れもなく親だから。
世間体を気にしたり、未来の不安を抱いているのは親の古い価値観だから。

心配すればするほど、子供は期待に応えようとしてプレッシャーを感じるだけです。
いい子になろうとするだけ。

あなたがあなたのままに、素直になればみんな幸せになります♪
 
私は子供たちを通して信頼を深めてくれて誇りに思ってます。
そしてこれからも、ずっと信頼し続けることには変わりないし揺るがない。

    

LINEで送る
Pocket

乙女座満月遠隔ヒーリングの感想

2017年2月13日 乙女座満月ヒーリングを受けての感想をいただきました。
とても大切な大切なこと。

*********************

最初から、何も必要なかった。

最初から丸裸の私で、私のままでよかった。

なのに、人と比較して何かを得なくてはならないと思った。

色んなノウハウを学んでみた。

それでも何も見つからない。

どこにあるのか、探し求めさまよってみた。
 
特別な人に思われたかったのかもしれない。

でも、やっと見つけた。

なにもないことが私だと。

私は私が体験してきたことが財産だったんだと・・

その体験すべてが私を生きる事、それが知りたかったのだと。
 
がもたなくても、目の前の人たちが沢山のことを私に見せてくれる。
 
これからは丸裸の何ももたない私に会いに来て♪

体験が知恵になった私に・・・。
***************************
 

またひとつの意識の広がりを感じる事ができた言葉でのシェアをいただきました。
 
ここにたどり着くまでにはひとつひとつを感じ、丁寧な観察と体験が必要です。

本当に素敵な体験です。
 
私もね以前この領域を感じることをしました。
私も同じように、探し求めてさまよっていた時があったから・・・
でもね結局は、この3次元での経験をどのように活かしていきたいのかしかなくて。
不思議な体験をしたり、龍や天使が視えますと言ったところで
それは意識があがっていけば自然なこととして、繋がります。
私たちは多次元的に生きているのだから、探さなくてもいいのです。

私は実際に意識観察をしてみて、どのように自分が変化していった事を
みんなが日常に戻った時にいつも感じられるように伝えたいのです。

見えている現象の奥には沢山の配線のようなコードがあります。
インターネットみたいに情報として広がっていて、そこを私たちは無意識に繋いでいる。
家系のことから友達、恋人、知人、場所、時空を超えて繋がっています。
その絡まりが複雑であればあるほどに、自分が進みたいと思っている目標地点までは遠ざかる。
でも逆にそれはヒントにもなる。

例えば、親から早く結婚しなさいと言われていたりしますよね。
自分にも結婚の意思があったとします。
好きな人もいるとします。
でもどうしても進まない。
ここには、やり残されている問題があるから。
その問題は個々により違いますが、前の恋人との間で終わらせていない事や
家族間で終わらせてない事が根本にあったりするのです。
これはお互いにですから、結婚するとなればお互いにやり残しに取り組むと早いです。
それはお金、約束、嘘、に対することかもわかりませんし、家系のことかもしれません。
その繋がれたエネルギーが、次へ進むことを阻んでいるのです。
しっかりと終わらせることが、自分にとっても相手にとっても誠実で優しいことなのです。
終わらせていないままに、次の人と付き合ったり、身体の関係を持つとその相手の中にも
前の人のエネルギーが流れ込み感情として浮上してきますし、その人のエネルギーを渡したり
奪い取ったりしてしまうのです。

この辺りはデリケートなので、大雑把な表現でしか今は言葉としてお伝えできないのですが・・
私は感覚の方が、いつも体感で先に来てしまう事が多いので。
 
だからこそ私はいつも自分のエネルギーに繊細でありたいし
感情やもやもやとすることは、自分へのサインであることを知ることで
成長を楽しんでいるのです。
ストイックと言えばストイックでなのですが(笑)

あ、ちなみに食べ物とかは何でもいただきます^^
それも意識なので、自分が毒と思えばそうだし、ジャンクフードが今必要で食べたいならば
それでいいのです。
 本当はこうしたいのに・・という自分の本心に嘘をつくことがエネルギーを曲げることになることを理解しているだけ。

私もみんなも
やることただ一つ・・
自分の目の前の事だけ^^
 
いつも目の前に試験があってね。
その試験をクリアしたら、赤ちゃんから始まった意識が小学生レベルになり
だんだん成長してくのです。

地上に産まれた時に、クリアーしたい問題は自分で決めてきたと言われています。
ですから、目の前に現れたモヤモヤやイライラは自分を超えていくための試験問題だと
思ってくださいね。

その試験問題の超え方がわからない時は、ヒントを教えています♪

いつも読んでくれてありがとう♪
心から感謝いたします☆
     

LINEで送る
Pocket

乙女座満月 スピカ星からのメッセージ

さおりです。
3月12日PM11時54分に乙女座で満月を迎えました。

毎回私は、その星座に意識を合わせてオリジナルヒーリングを行いますが
乙女座に関しては特別な思いがあります。

乙女座にある一つの星☆スピカ星とのご縁があり、そこのスピネルさんという意識と
会話をしています。これは乙女座が月に近い去年の夏ごろ、突然私に起こり始めたこと・・

あまりにも半信半疑だったので、あまり情報公開はしていません。
今回はその情報を出したいと思ったのでお伝えしたいと思います。
あくまでも、私の意識の延長上にあることをご理解のうえお読みくださいね。

~以下ピンクの文字はスピネルさんより。~
~黒字はそれをうけて、私の意識の中から出ている言葉です~

宇宙における地球について個人的に稼働領域がどんどん広がっていきます。
これから、いつもと違う動きをしてみること。
それを制限しないでやってみること。
移動も意のままに。
タイムラグは個人の周波数によって反映します。

制限することは、自分に対しての不安や恐怖から産まれます。
まず、その不安や恐怖が自分にあってそれをもっていてもいいってこと。
そのブレーキがなければ人は前へ進んでいく勇気を必要としなくなり、アクセル踏みっぱなしで
危なくて仕方ありません。暴走するという言葉になるのかな・・。
自転車にも車にもアクセルとブレーキがあるように
人間にもその両方を使いこなせるように、備わっています。
上手に運転してしても、踏み外しても自分の人生の道は自分でクリエイトしていけばよいのです。
備わった使い方を間違えないように・・
それは言葉かもしれない、力かもしれない、頭脳かもしれない・・。

そして、周波数とありますが
すべて目に見えるものも見えないものも周波数を放っています。
私たちの周波数が放っているものが、目の前に用意されます。
それは、自分が創り出していることを理解してくださいね。
いつも心配ばかりしているなら、あなたの世界はずっと心配の連続でしょう。
心配もするけれど、超え方を知っているから私はいつも安心している周波数で過ごすと
決めれば、 何があっても安心だという世界に住みます。
あなたはどの世界の住人ですか?
あなたが信じている世界が見えている世界。

  
自分を思い出す旅をしているのだから、当たりまえ。
それをやりたくて望んでいるのだよ、魂は。
でも、記憶をなくすからね。
苦しいのも歓びも同じものだよ。
とても素晴らしい体験をしてにきている。

これはツインレイ(ツインソウル)について聞いてみたんですが、この体験自体が奇跡的です。
最近、ツインレイ(ツインソウル)についての情報が交錯していますが、まずその言葉に惑わされてしまうことから始まります。
ツインレイに向かうには私のなかでは、ツインソウルグループがいて、一緒に使命を遂行していく
ツインフレームと呼ばれる人が存在します。
私にはツインフレームは今のところ、2人かな。もしかすると3人?みたいな感じ。
フレームは一緒に学び合いながら、螺旋上昇していきます。
ツインフレームがもしかするとレイに変わる瞬間がくるかもしれないし、こないかもしれない。

個々によりプロセスが違いますから、自分の体験を信じていくこと。
これは自分を信じぬくこと以外、進みません。
目の前にこれでもか!という選択肢をつきつけられ
どんなに不安になっても、恐怖に飲み込まれてもその感情を感じきる事が
次へのステップになります。


苦しいのも歓びも同じものだよ」とありますが
本当に、感情の対極を体験したらそれはどちらもギフトだったことを知ります。
だただた、自分を思い出すだけために用意されたギフト。

私も実は先月魂が故郷に還ろうとしたのです・・
もう、目の前にきた課題が苦しすぎてもういいです!となった・・^^;
これはこの記事で触れています。


 感情の対極を体験することは、ツインレイ(ツインソウル)だけではなく全てにおいて通じます。
ただ・・
レイにおいてはその現象が激しすぎる・・という表現になるかな。
今までの俯瞰していた自分が崩れ去ります。

この肉体を何故もって産まれているのか?
肉体を持ち喜怒哀楽を感じながら、意識をあげていくこと・・
意識をあげるとは、自分が観ている世界から少し離れて視野を広げることです。
人は一方方向から見る癖があります。
360度の球体の一部しか見れないなら、反対も見れるように自分の器を広げること。
それが豊かさや安心に繋がっていくことです。

どれだけ、親が心配、子供が心配に感じても
その人の人生を代わりに生きることは出来ないのです。
心配だからと言って、その人を制限するのは実は自分の中に「こうあって欲しい」という
願望だったり、「自分がしてほしかったこと」が含まれています。
自分が欲しかったことでも、子供にも選択権があるという事を忘れないでくださいね。
個性をつぶしてしまわないように・・
そこに隠れているのは、「自分が認められたい」「自分が正しい」という観念です。

自分自身が、まず自分を自立させ依存させない関係性をつくること
信頼とはまず自分と結ぶことです。
そうすれば他者の事も自然と信頼できるようになります。
 
自分を知り自分と繋がる事は、宇宙と繋がる事。

それは自分を信頼し続ける事。

LINEで送る
Pocket

色んな覚悟と責任を取る事、それはいつだって自分に対してだと思う

3月12日 乙女座満月 遠隔ヒーリングの詳細はこちらから

  cocochiのさおりです。

自分でチャクラに取り組み始めてからもう10年近く経ちます。
半信半疑で始めたことが私にはとても大きな変化となり、「悩みごとを作って悩むことは自分がしている」ということに気付いたおかげでとても生きやすくなりました。
そして、それを自分で立っていけるようなワークとしてみなさまへと
取り組んでもらう事が私の歓びとなっています。
 自分を知るということは、自分の人生のかじ取りを自分でしていいという責任が伴いますが
それは安心して歩んでいける大きな財産となります。

日常って選択の連続ですよね。
簡単に見える事から、人生を左右するような出来事まで様々・・

今、何食べる?食べたい?
今日、どこへ行く?どこ行きたい?
何を着る?何着たい?
誰と過ごす?過ごしたい?

こんな簡単に見えるような事柄であっても私は私の決めたその瞬間の気持ちを
とても大事にしています。
例えば「この格好できたけれど、別の服の方がよかったかも・・」と思う事も
決めた時の気持ちを大切にしたいということです。
でも、感情は「あ~~しまった!」と思うよ^^
 ただ、それが出来なくったって責める必要はないな~~ってこと。
だってその時、自分が選んだことだから・・。

その選んだことに対して自分自身が責任をとればいい。
誰かのせいではなく、選んだ自分に・・。

それは感情も同じこと・・。 
怒ったり、泣いたり、責めたり、ひがんでみたり・・
それはあなた自身が選んだ感情であって、誰のものでもない。
ただその事を愛すればいいし、そういう感情がある事を認めて受容する。
そうすると、なんら変える必要のない自分がいて自然体な自分が増えていくのです。

大きな決断に関しても、その責任と覚悟を私は何度も何度も問い直します。
本当にこれでいいのか?
本当にそうしたいのか?
たとえその結果が自分の望んでいる事ではなかったとしても
 これでいいという、自分の声に従うだけです。
こうして「これでいい!」という選択の先、積み重ねた先に自分の望んでいる未来があるのです。

何事も一つずつ、もしかしたら半歩ずつかもしれない螺旋階段を昇った時
 今までと違った景色を見ることができ、その新しい景色から
過去の自分を見た時、本当に頑張ったなという感謝が沸き起こってきます。
思う存分自分を褒める瞬間です^^
 
やり残している事、誤魔化してきた感情が多い人にとっては
加速していく地球に住んでいる以上、これから混乱することも多くなるし
自分が辿り着きたいと思っている場所へは遠いかもしれない。
だけど、それでもどの瞬間も自分への覚悟と責任をもっていくことが
人として成長していくことなんだろうって思うのです。

失うような出来事でさえも、振り返った時にはそれが必要だったことを知る。
その体験があったからこそ・・

私たちは「体験をしている」

なので、いつもどんな出来事がきても荒れ狂うような感情に飲み込まれても
辛い体験をしている
苦しいという体験をしている
嬉しいという体験をしている
楽しいという体験をしている
無視されて、痛みを知る体験をしている
忙しさを知り自分の身体を大切にするという体験をしている
ケガをして、加減を知るという体験をしている
     ・
     ・
     ・

そんな風にして、自分の中心に戻る
あなたの中心は安心という場所に存在している。

何のための体験か?
それはすべて自分も他者もなく愛すべき存在だと知りたかったから。

私の車の中のサンキャッチャーがキラキラで思わず撮ってみたら
虹だらけ~♪
これも私の心地よいひとコマ♡

    

 

 

LINEで送る
Pocket