心地よい生き方」カテゴリーアーカイブ

七夕の夜に感じること

こんばんは
今日は七夕ですね。
大雨が続いている中、地震も起こり、色々なことを感じています。

私は個人的には母の命日です。
今年で14年目を迎えました。
毎年、この日が来ると起きた時にタイムスリップしていましたが
今年は感覚が違いました。
思い出そうと思えばそこへ瞬時に戻れるのだけれど、上手く言えないけれど
新しい感覚。
重く苦しい感じではなく、質感的には軽い感じかなぁ~。

今まで重苦しかったのか?と問われたらそうでもないのですが・・・。
あちら側の世界が軽くなったという感覚が言葉としては近いかもしれません。

起こったことも過去のように見えるけれど、自分がその世界をずっと見ていれば
過去だし、何かしら忘れたくないものがあればその事に関係する事象が起こってくる。
その事象が自分にとって大きければ大きい程、もしくはもっていたい出来事であればあるほど、
どんなに忘れたように見えても、潜在意識が顕在意識へと伝えてくる。
それが、揺さぶり。
揺さぶられたことにをなかった事にせずに、そこから「私はどうありたいか?」を
常に問われます。

今、私が感じていることは
個人の意図がもう一回りも二回りも器を広げていっているということ。
家族を超えて、肉体を持ちながら無条件の愛というところへ。
色んな形が繰り広げられていくのかな~と思うのです。

私は昨夜、本当に求めていた魂の調和が無条件に変わるのを感じて泣きながら寝ました。
ここは統合させていくという個人なこと、というよりも本質的なところなんだと思っていて、
私がその意思をこの肉体で叶えたいのか?
って問われたら、死ぬまで取り組んでそう(笑)
だってわからないから~。
今言える事は、夢で何度も見る片方の光はなくなることなく
私の一部として「在る」だけ。

まだ、全貌が見えないけれども私は私の真実を生きるだけ。
みんなそれぞれ自分が信じている世界が現れている。
それだけ・・。
今はそれしか上手く言葉にできないけれど、それぞれがそれぞれのペースで
それぞれのプロセスを歩み進んでいて、セパレートに見える世界であっても、
例え自分からどんな世界に見えていようとも、混沌さの中にでさえ
調和という方向へ全体で向かっている気がします。

LINEで送る
Pocket

私の男女性が近づいてきた

さおりです。
私の中のアダムさんに話かけていることで、いくつか現象化したので
書き残しておこうと思います。

昨日の記事「傷ついた男性性の癒しが始まっている」で触れましたが、
主人の中の意識の解放について。

メールで絢香の「i believe」がめちゃめちゃいいねん。
聴いて~。
と・・・。

この曲って何年か前だよね?
結構古くなかったっけ?と思いながら聴いてみた。
私の感覚で、自分の葛藤の部分を受け入れ始めたんだなと思いました。
どの部分が響いて聴いてるの?とメールした。
なんせロシアとの時差があるから、すぐに返事はこない(笑)

で、好きな歌詞の部分は
「この胸の中に隠れている不安のうず
目の前にある自分の進むべき道はどれか 
人に流されてた日々 そんな自分にさよなら」
という出だしの部分の歌詞だった・・・。

今起こっている現象に対して自分の内側とリンクしてるんやなぁ~って、思ったので
気付けてよかったねと返事した。
それ以降の返事はなし(笑)
これが1つ目。

2つ目は娘がタワレコで視聴してきた
椎名林檎のアルバムがよかったと話をしてくれた。
あ~~トリビュートアルバムやんな?
レキシ、AI、木村カエラ、井上陽水、宇多田ヒカルなどといったメンバーのカバー。
そのアルバムが発売されたのは知ってた。
でも、題名まで知らんかったから何気に聞いた。
聞いた瞬間、「あ・・・」となった(笑)

「アダムとイヴの林檎」
またコンセプトが素晴らしかった。
世代を越える・ジャンルを越える・国境を越える・関係を越える

今流れとして既に起こっているし、この「超えていく」ことは
いつも自分の中にあるから。

私の中の女性性と男性性の名前にしていて、一緒に書いた記事に載せた
リンゴは黄金だった。
その時の記事「散歩中にうっかりアダムとイヴに逢う」
なんかリンクしてるよね。

3つ目は他愛もないこと、だけど重要なのよ。
散歩中に最近よく話しかけられるのが男性。
といっても、若い人ではなく~~~(笑)
私よりも10~20歳は上であろうお方たち。
私、滅多に話しかけられるタイプではないから本当に珍しいんですよ。

4つ目は。
玄関の脇にあるクリスマスローズ。
もう10年くらい咲き続けてくれていたのに、今年枯れた。
それも変な枯れ方。
急に水はけが悪くなって、水から異臭。
気になっていたのだけれど、見て見ぬふりをしていた。
さすがに水は捨てた。(1か月まえくらいかな?)
今朝、ごみ出しと一緒に土を捨てようと思ったので
掘り返そうとしたら、根がぎっしり~~。
これは、鉄製のスコップじゃないと無理かもって思えるくらい。
一か所、こぶらしき物体。
手に持ってたプラスティックのスコップから、鉄のくわに持ち替えた。
めちゃくちゃ大きな根の塊やった。

これ・・・
私が長年俯いて掘り返していた男性性やんな。
何故かそう思えた。
こんなに根を張り巡らせて、そりゃ水はけも悪くなるわ~。
と同時に私のアダムさんに「こんなにぎっしり張り巡らせてくれて、ありがとう」と
いう気持ちになった。
土が一度に捨てれないので、何回かに分けて作業します。

私の男性性はどうして掘り続けていたのか?
やっぱり傷つきたくなかったのよ。
小さい時何か誰かに対し口にした時の体験を、否定され傷として持ち続け
物凄い押し込めていたのかもしれん。

と、思ってたがしばらく経って思い出した。

小、中、高と目立ちたくないのにどうしてだか目立つ位置につく。キャプテンだったり、学校の代表になったり、修業式とかの節目に校歌を弾く人だったり。  そうすると、陰でこそこそと言われる。

そして仲間はずれされた。ここやな。目立つと釘打たれるから、自ら釘を押し込めた(笑)

傷つきたくないからこそ、細かい部分の意識を探求することへ繋がった。
でも実際は細かくなればなるほどに、傷つく範囲は広く深くなるというのに(笑)

女性性の存在の在り方が大きすぎて、現実的な部分へ繋げることを避けていたののだろうね。
だけど、傷つくというのは自分が解放できるからこそ傷にしているだけだから。
傷だと思う事に、実は才能に変えていける種がある。今は強みに変わったから。

実際傷つくな~という瞬間は劇的に減っています。
これは女性性の気持ちを男性性側で伝えるという
行動をとことんやった時期があったから。
今はそれを創造する力に変えていける位置に立っているし、これからも
そこは鍛えていくところ。

つらつらと書きましたが。
自分の中でアダムさんに話しかけた事で、男性性がより活性化しているのを
感じています。
自分の意識の繁栄は自分の日常にしかないし、気付かなければそのまま。

御利益を求め神社やパワースポットに行くだけでは何もわからない。
そこに行くことに願いをかけるのでなく
願いをかけた自分の心を知っていくことに知りたかった光がある。
私たちは日常を体験し感じることの中に、自分の変化を見出していけるのです。

LINEで送る
Pocket

傷ついた男性性の癒しが始まっている

さおりです。

男女ともに、女性性の解放が一気に進んでいるのを感じます。
最近は男性が増えてきた感覚。
私の周りでも起こっています。
今朝、起きたら面白いメールが主人から来ていた。
このことについては、やり取り出来ていないのではっきり書けないけれど
エネルギーで感じたので、主人の中での意識の解放が進んでいるという私の感覚です。

これは、やっと自分の中の神性が開いてきているということ。
(戻るという表現の方がしっくりくるかもしれない)
今世だけではなく、過去世からもってきた霊性の部分です。

自分に対し負荷をかけて達成してきたやり方が、緩んできている人増えてきている感じです。
緩むと自分本来の女性性の感覚が戻ってきます。

例えば
筋肉を鍛えて、筋肉痛を起こして感じる「達成感」ではなく
ヨガみたいに筋肉を緩めることで緊張から解放される「緩み」や
「爽快感」といった感じ。

かつて人はこうあるべき(今ももちろん残っていますが)
という社会的な思想とともに、戦後の目覚ましい物質的な発達によって
嫌というほどに抑え込まれてきた女性性。

本来の霊性を忘れて物質的主義に傾いてしまった。

嫌なことでも我慢して「頑張ること」「努力すること」が
夢を叶える
いつか報われる
といった観念が根付いてしまったことで、物質ありきの生活が当たり前になりました。
おかげで世の中は便利になったよ。

恩恵は受けているのだけれど、
いい家に住むこと
いい生活を送ることが「幸せ」という定義になっている。

外側ありきの状態。

外側も内側も満たされていれば、本来はバランスはとれるもの。
しかし、内側が満たされる材料として外側ばかりに傾くことが自分との
バランスを崩す一番の原因となっているのです。

物質(肉体含め)と共存しながら精神性をあげていくことが
これから地球を生き抜く上では必要だということ。
双方向性でのエネルギーの循環ありきです。

私の場合10年ほど前に目覚め始めた神聖性と共に
最初につきられた「こうでならない」という観念の破壊を
息子の不登校という形で、受け入れていくプロセスからでした。

女性性が戻り始めると、男性性は今まで頑張ってきた分
耳元で囁くのです
「そんなやり方で上手くいかないよ」
「常識ではありえないでしょ」
「将来はどうするの?」
といった、社会的な位置で判断してしまうし、当然のことながら
周囲からも言われます。

ここで、葛藤が産まれます。

「あれ?とっても楽になってきたはずなのに」
「私がおかしくなったのか?」
「今までの生き方じゃない生き方をしたいと思ったのに」
「いやいや・・これでいいはずだ」
「一体、誰を信じたらいいの?」
などなど。

これって、男性性が傷ついていたんです。
男性性のエネルギーがネガティブに作用すると攻撃的になり、
「それは違う」と考えを否定され、言われた本人も傷ついて頑張る。
この繰り返しがあったために、女性性も封印されていた。

攻撃的になるのは、比較することや、上下(どちらが偉い)という観念からくるもの。
攻撃され続けると女性性も傷つくので、今度は悶々として嫉妬へ転じる。
男の人が嫉妬するのは組織の中でよく聞く話。
本当はこうしたいのに・・・。
と思っていても、攻撃されるのが嫌で行動しない選択をする。
そしたら自分が思っていた事を他者がなんなくやってのけたりして。
その瞬間「自分の方が先にアイデア浮かんだのに。くそ~~!」とかとか・・・。
内心で戦ってしまう、あるある現象。

直観やひらめきは女性性からもたらされます。
女性性の声を叶えるのが男性性
自分の声をまず叶えてあげてください。

もしも、葛藤が起きたら最初の直観を信頼してください。

そうしていくと、男性性が癒され始めます。
「あぁ、不安だけれどもこのやり方を信じてみよう」
「人に流されて選択することをやめてみよう」

女性性がひらいてくると、このような形で男性性の受容がはじまります。
これが意識が進むということ。
自分の中の女性性と男性性のパートナーシップを高めれば、
囚われていた意識からの解放も進んで行くでしょう。

だから
「今の自分を受容して信頼すること」

誰がなんと言って来ようと、今は自分の中に目覚めた女性性を信頼してあげてください。
信頼してあげることで男性性も解放され癒されていくのです。

追記*誤解のないようにいいますが、信頼することを間違えると
「頑張らなくていい」「努力しなくていい」と思われがち。
それとは単なる甘えであり、それを伝えたいのではありません。
苦手な事をやる時は必ず訪れます。
それは自分の才能を広げていく時期でもあります。
この記事は一旦自己を解放するプロセスにおいて起こることを
前提としています。

モヤモヤするなぁ~という方は
フリーセッションがおすすめです。

いつもクリックありがとうございます♪

LINEで送る
Pocket

自分で選択して決めていける力を養う

さおりです。

先日から続いて書いているテーマの自己信頼について、なんかシリーズ化している(笑)

自己信頼を育てていくには、まず「自分はどう感じるのか」というのが大切になります。
自分の軸が傾きがちな人は、他者から「こうしたらいいよ」と言われると
自分の最初の気持ちに気付かずに、相手側へ飛び越えて「そうする」「そうしたほうがいいのかも」という心理になります。

チャクラで言うと、最初の直観である第6チャクラを無視し、
第3チャクラの境界線を相手に明け渡して違和感をすっ飛ばし
相手の意見を第4チャクラで受容してしまったことで捻じれが起きて、
第5チャクラで決断してしまう。
第1チャクラの欲求や第2チャクラの喜怒哀楽もよく感じれない状態ですね。

まずは「こうしたらいいよ」って言われた時、「そうかなぁ~」と思ったら
そうかな?と感じる気持ちを感じることの方が信頼です。
その後で他者がしてくれた提案を受け入れるか断るかの選択をするようにしてみましょう。

そうかな?のサインとして色々ありますが・・。
・胃の辺りがぞわぞわする。
・気持ち悪い。
・お腹が痛い。
・頭が重い、痛くなる。
・私が悪いからそんなこと言われるの?
・あなたの言うとおりにすれば状態が良くなるの?

などという、気持ち悪さや自分を責めたり疑問が沸くのであれば
答えを急がずに保留して、自分の状態を安定させることの方が大切です。

自分が好きなこと(物質的)にエネルギーを注いでみることです。
・大好きなものを食べる
・映画や演劇を見る。
・信頼できる人に話してみる。
・大声をだしてみる。

こんな行動をしてみて自分を満たしてみること。
そこからでいいんですよ。
決めていくのは・・・。

自分を変えられるのは自分だけです。

もし誰からか「こうしたほうがいいよ」と言われて違和感を感じるのなら、
相手側の投影か、恐怖心を与えてコントロールしたいという欲求であることの方が多いのです。

いづれにしても自分に置き換えた時、関係する人との中で共通するところを自分で感じ
コントロールしたい部分が自分にないか、コントロールされたと感じる自分に対して
なにか他に求めているものがないか?
そこを感じる必要性があるだけです。

現象は「自分を超えさせるため」に自分で起こしています。

そこをよく感じてくださいね。
迷ったら、フリーセッションでお待ちしています。

フリーセッションの詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

夏至からの流れ

さおりです。
夏至から色々と問題に直面されている方や、益々細やかに日常の調整を促されている
感じですね。

先日も書きましたが(blog参照)
何が起こっていようと自分の内面の成長している課程を踏んでいるだけのこと。

起きていることに対して信頼しようということであって

無理矢理自分を信頼することではありません。
信頼を間違えると言い訳の道具となります。

「自分のやりたいようにするんだから別にいいでしょ。」

というような、自分勝手な行動に繋がります。

自己信頼とは、自分を信頼するともに他者への信頼も深まりますので
結果的に何が起こっても自分が選択したことに責任をとると同時に
周りに対しても調和が産まれていくもの。

まずは起こっている事に対して言い訳をやめて、
「私はどうしたいのだろう?」と問いかけてください。

どうしたいにも色々あって、それは状況から逃げたいのか?
状況に取り組むためのものなのか?

細かい自分のキモチに気付くことです。

「どうしたいか?」に対する動機をよく感じること。
動機からずれてしまうと、選択もずれていきます。
動機に対して責任をもてることが、自己信頼に繋がるのです。

とは言え、あまり深刻にならずに「こうしたい、こうなるであろう」という
自分の中から起こるビジョンに正直であることも大切です。

自分の事をよく知ってあげて、自分のバランスを保つようにしてくださいね。

自分の為に生きる選択。
選択する勇気。
選択した自分への責任。
それが信頼を育てます。

まずは自分へ寄り添うことから・・・。

心が落ち着かず不安定だな~という方

チャクラヒーリングがおススメです。

LINEで送る
Pocket