チャクラ」カテゴリーアーカイブ

かに座新月変わったね~~

おはようございます。
さおりです。

今日は蟹座新月&部分日食。
朝起きて一番に「あれ?なにこれ・・。めっちゃ変わった」という感覚でした。
何がかわったの?って起きてから、このblogを書くまで観察してました。

昨日まで割と感情の揺さぶりが起こっていた気がします。
その感情の揺さぶりでえ、何か違和感に感じていて
終わった事象をわざわざ蒸し返すような事が起きたり、新しいところへ行く道が見えていたはずなのに急に靄がかかった気がしていたり。
そ~~んな事が一気に整ったという感覚になりました。

自分がどの世界を信じ どのように生きていくかの調整が行われていた感じ。

みんなそれぞれに自分の信じている世界が目の前にあるだけ。

その世界を信じていたから今その結果を受け取ったのです。
誰かのせいではない。
創造したのは自分。
あなたがもっている制限を誰かが役割となって、あなたの中を制限に気付くように
協力してくれているだけ。

だれかを責めて、もやもや、ざわざわしているなら
その「気持ち」ってなんですか?

心配・不安・優越感・劣等感・猜疑心・罪悪感・悲しみ・喜び
色んな気持ちに気付くこと。

あれ?
責めていたのは自分のその気持ちだったのか・・。
誰かを通して、自分の中の責めていた気持ちや制限に気付くこと。

それに気付けたなら、誰かを責める事はなくなり
それを教えてもらえたことに感謝できる状態になります。

かに座の新月を境にこういう状態も軽くなっていくでしょう。
そして「真実」というのが浮き彫りになっていきます。

あなたの真実が展開されていく。
他人軸をやめ、自分の軸を取り戻して健やかに生きることが
心も身体も喜びます。

この時期
☆チャクラリーディング・ヒーリングがおすすめ

LINEで送る
Pocket

自分で選択して決めていける力を養う

さおりです。

先日から続いて書いているテーマの自己信頼について、なんかシリーズ化している(笑)

自己信頼を育てていくには、まず「自分はどう感じるのか」というのが大切になります。
自分の軸が傾きがちな人は、他者から「こうしたらいいよ」と言われると
自分の最初の気持ちに気付かずに、相手側へ飛び越えて「そうする」「そうしたほうがいいのかも」という心理になります。

チャクラで言うと、最初の直観である第6チャクラを無視し、
第3チャクラの境界線を相手に明け渡して違和感をすっ飛ばし
相手の意見を第4チャクラで受容してしまったことで捻じれが起きて、
第5チャクラで決断してしまう。
第1チャクラの欲求や第2チャクラの喜怒哀楽もよく感じれない状態ですね。

まずは「こうしたらいいよ」って言われた時、「そうかなぁ~」と思ったら
そうかな?と感じる気持ちを感じることの方が信頼です。
その後で他者がしてくれた提案を受け入れるか断るかの選択をするようにしてみましょう。

そうかな?のサインとして色々ありますが・・。
・胃の辺りがぞわぞわする。
・気持ち悪い。
・お腹が痛い。
・頭が重い、痛くなる。
・私が悪いからそんなこと言われるの?
・あなたの言うとおりにすれば状態が良くなるの?

などという、気持ち悪さや自分を責めたり疑問が沸くのであれば
答えを急がずに保留して、自分の状態を安定させることの方が大切です。

自分が好きなこと(物質的)にエネルギーを注いでみることです。
・大好きなものを食べる
・映画や演劇を見る。
・信頼できる人に話してみる。
・大声をだしてみる。

こんな行動をしてみて自分を満たしてみること。
そこからでいいんですよ。
決めていくのは・・・。

自分を変えられるのは自分だけです。

もし誰からか「こうしたほうがいいよ」と言われて違和感を感じるのなら、
相手側の投影か、恐怖心を与えてコントロールしたいという欲求であることの方が多いのです。

いづれにしても自分に置き換えた時、関係する人との中で共通するところを自分で感じ
コントロールしたい部分が自分にないか、コントロールされたと感じる自分に対して
なにか他に求めているものがないか?
そこを感じる必要性があるだけです。

現象は「自分を超えさせるため」に自分で起こしています。

そこをよく感じてくださいね。
迷ったら、フリーセッションでお待ちしています。

フリーセッションの詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

夏至からの流れ

さおりです。
夏至から色々と問題に直面されている方や、益々細やかに日常の調整を促されている
感じですね。

先日も書きましたが(blog参照)
何が起こっていようと自分の内面の成長している課程を踏んでいるだけのこと。

起きていることに対して信頼しようということであって

無理矢理自分を信頼することではありません。
信頼を間違えると言い訳の道具となります。

「自分のやりたいようにするんだから別にいいでしょ。」

というような、自分勝手な行動に繋がります。

自己信頼とは、自分を信頼するともに他者への信頼も深まりますので
結果的に何が起こっても自分が選択したことに責任をとると同時に
周りに対しても調和が産まれていくもの。

まずは起こっている事に対して言い訳をやめて、
「私はどうしたいのだろう?」と問いかけてください。

どうしたいにも色々あって、それは状況から逃げたいのか?
状況に取り組むためのものなのか?

細かい自分のキモチに気付くことです。

「どうしたいか?」に対する動機をよく感じること。
動機からずれてしまうと、選択もずれていきます。
動機に対して責任をもてることが、自己信頼に繋がるのです。

とは言え、あまり深刻にならずに「こうしたい、こうなるであろう」という
自分の中から起こるビジョンに正直であることも大切です。

自分の事をよく知ってあげて、自分のバランスを保つようにしてくださいね。

自分の為に生きる選択。
選択する勇気。
選択した自分への責任。
それが信頼を育てます。

まずは自分へ寄り添うことから・・・。

心が落ち着かず不安定だな~という方

チャクラヒーリングがおススメです。

LINEで送る
Pocket

今、自分に何が起こっていようと信頼しよう

さおりです。
今日の奈良の空はとても高くて、壮大でした~。

右側に出ている厚い雲はめちゃ長くて、宇宙船ぽかった~。
夕方はおそらく彩雲や幻日が見れると思う~♪

今日は息子がカットに行っている間に、マイルとアルトのフードやらを買いに行ったり
すっかり忘れていた自動車税を払いに行きました。
ふと・・・
もうそろそろ息子を迎えに行こうと感じて車を走らせたら案の定
もう少ししたら、来てくださいとLINEが(笑)
こういう感じの頭の上の会話が増えていて、娘ともよくやってます。
今晩の晩御飯のメニューや帰ってくる時間がわかる~って感じです。

自宅に帰って、「ライトボディの目覚め」が目に留まったので
なんとなく開いた頁読むと、必要な情報と私が体験したディセンションの情報が・・。

第9レベルのはじめと終わりで大規模なディセンションが起こります。
あなたは第3・第6・第9レベルで強い価値観の見直しに突入しますが、このなかでも
第9レベルがもっとも難関でしょう。なぜならついにあなたがすべてをスピリットにゆだねはじめる地点だからです。

この前に起こる第7のレベルは4次元ボディが地球の「情」というものに留まろうとする。
みんなを連れて行こうとするという魂の癖がある。
みたいな事が書いてあったのですが、まさしく第9に入ったあと私はディセンションを経験し
第7と第8付近をウロウロしていたなと、この本を読んで確認したのでした。

いつもいつも意識が広がる時に思う事は次に進む勇気。
それと同時に反対側の引き返さないという勇気。
引き返さないという事は、調和へ進む一方で関わってきた人や環境を選び直すという
自分への挑戦を引き受ける事になるから。

人間的な感情に執着しなくなるという事は
なにも目の前の人に冷たくなるという事ではなく、信頼からくる愛のなかで起こる
忍耐であったり、見守ることになっていく。

全ての人が、プロセス通りに生きていて
こちら側が変えられるものは何もないなぁ~とつくづく感じます。

明日山羊座の満月を迎えますが、私がここ最近感じていることは
常識的な部分を誰かや枠組みを通して揺さぶられる。
「揺り戻し」というもの。
これも流れで起こっています。

どのような状態であっても自分自身を信頼してください。不安や心配を感じるでしょうが、プロセス通りだと感じています。
ヒーリングが必要だと思う方は、LINE@の方で受け付けていますので
是非登録してみてくださいね。

チャクラの情報・新月と満月のヒーリングをその時必要な形でお届けしています。

こちらもいつもクリックありがとうございます♪
LINEで送る
Pocket

立ち止まっても、また歩み続ける

さおりです。
今日は肌寒い雨の奈良です。
午後から、チャクラ構築ステップワークでした。
第2チャクラの回では、感情にフォーカスします。
シェアを聴きながら、前回の第1チャクラ後に自然と第2チャクラの取り組みに
入っていて、それを日常において認識しながらされているし
そんな自分を客観的に見れるような意識状態になっておられたことに、とても感動しました。
「自分の成長はわからないし、見えづらい」とおっしゃっていましたし、私自身もよく自分に対しては感じるとこです。
でも、こうして目の前の人の意識が高まるほどに確認させてもらえるのがありがたいですね。

18日に起こった地震では私の住んでいる奈良でも結構な横揺れで(建物の構造も関係ありますが)、改めて生きていることは、当たり前ではないという感覚でした。
私の中では恐さはなく、寧ろ静かでした。
意識を向ければ混沌としている部分ももちろん感じたわけですが、それよりも何か信頼するようなエネルギーを感じました。
何か新しい意識が産まれているなぁ~という感覚。

私自身、命については幼少期から関わる事が多くて、色々と感じなければならないことを放棄して、頭で納得させてきたことが本当に長く続いたなと
振り返ってみて感じます。

悲しみを感じきるのが苦手だったり、怒ることも苦手。
怒るポイントがわからないのは、自分がもつ振り幅も関係していて、怒るという針が自分に
触れるのが中々わからないのです(笑)
この前自分の中の男女性を見てもらった時に、女性性と男性性の開きから起こっていることも
わかりました。

女性性の存在の特徴でエネルギーを感知するのは得意だけど、言語化するのが不得意。
今「心」については人一倍感じることが得意であると同時に
これまた苦戦する事もしばしば・・。というのはここから発生してたんだな~と。
妄想か現実か?
なんて思う事も本当にありましたしね。
今でもあるか・・(笑)
だけど、自分の感じ方についてはとても信頼が深まってきています。

これからも受容していくことと、信頼していくことはより自分の源泉へいく道筋と
なっていくのでしょう。
例えなにかあって立ち止まったとしても、歩みは続けたいな~。

フリーセッションは自分の立ち位置を知り、方向性を知って修正していきます。

LINEで送る
Pocket