チャクラ構築ステップワーク」カテゴリーアーカイブ

純粋な魂に触れた時、感動してやまない

さおりです。

みんな「魂」というものが存在してます。

みんな魂の願いがあります。

肉体をもった私たちは、その魂の声が聴こえない状態です。

日常に追われ、疲弊し、フラストレーションがたまり
それを解消するために、何か探し求める。

これからは精神性を開くことで、もっと心の豊かさをベースに生きることが
問われる時代になっていくでしょう。

今月の始めに熊本で親戚の子供に逢いました。
まだ、首の座らないその子の魂に一瞬にしてチューニングされた時
私は涙が止まらなかった。
内側から沸いてくる涙を止めれなくて、きっと親戚夫婦はびっくりしていたことでしょう(笑)

あまりにも純粋で、あまりにも綺麗で
そこにはただただ目の前の人を「愛する」という
肉体をもった赤ちゃんが存在していた。

みんなこんなに輝く光の存在
 
私たちも本来の自分を取り戻していくということは

「純粋な自分へ還る」こと。

純粋な自分の願いに触れた時感動が起こります。

パートナシップで自分との仲直りをしていこう♪

フリーセッションで潜在意識を書き換えとパートナシップをはかる

自分の育て直しはチャクラ構築ステップワーク

LINEで送る
Pocket

小さな勘違いの連続が制限になる

さおりです。
今日は朝から快晴の奈良です。

今日はチャクラ構築ステップワークの為に準備をしていました。
いつもなら確認することを「大丈夫だろう」から、怠っていたのですが
お相手の方から別件でメールがあって、今日のチャクラの事を確認したら
な・・・なんと明日やった~><

あやうく、出掛けるところでした^^;
メッセージもらってほんと良かった~♪

このように「勘違い」ってよくあること。
予定の勘違いは滅多にないけれども、自分の中での日常に対してや誰かとの間で
起こったことに関する 勘違い と 思い込み

この思い込みの回数と思い込みの深さが、制限になっていくのだと感じます。
相手はきっとこう思っているはず。
という思い込み。

小さい頃に親は十分に愛していたのに、子供はそれを受け取るだけの言語が発達していなかったり
するので記憶違いが起こっていたりするもの。

相手に自分の気持ちをぶつけた時、拒否されたかもしれない・・。
それで、言う事を諦めることを選択していたかもしれない・・・。

そういう勘違いが解けた時、安心感や幸福感を感じるのではないのでしょうか・・・
だからこそ、相手に伝えると言う事をするのだと思う。
絡まっている感情を自分で認識して、伝えることがのちに自分と他者の為になる。

自分の中にある氷が解け始める時、色んな感情が動くけれど
あなたの中の何かが動いている証拠。

その時どんなに勇気がいることでも、必ず報われる日が来ると自分を信頼しよう。

そんなお話は フリーセッションでお待ちしています。

チャクラ構築ステップワークの詳細はこちらから
チャクラを1つずつ構築し、自分の土台を耕し育てていくワークとなります。
質問等あればお問合せくださいね。

お問い合わせは以下の方法で

 

LINEで送る
Pocket

チャクラ構築の野外ワークでした

昨日は、チャクラ構築ステップワークの第3チャクラでした。

受講していただいている方の希望で今回は公園♪
「なんで?」って聞いたら
「古墳が見たい」って・・・。

奈良は古墳だらけだし、私の住んでる所のすぐそばも前方後円墳です。
大阪から来てもらってるので、古墳って珍しいものなのかな?って感覚でした。

資料館を見て、古墳の出来上がるまでの解説モニターをみたり
公園内は古墳群なんですが、「ザ・古墳」がありまして~
広い敷地を少々迷って行きました。

土器のレプリカ

結構歩いて暑い~。
近くのテーブルのある木陰に座ったら・・・。
「お腹すいた」って(笑)
「限界」って・・・(笑) 言うから~~~^^

という事で、ワーク行く前に古民家カフェへ。

気付けばもう午後1時。
先ほどの公園へ再び戻り、ワークに入りました。

「どこでする~?」の問いかけに「芝生がいい~」
ってことで、ここ。

結構な急斜面で・・(笑) 何度も滑り落ちて体勢を戻しながら進めていきました。
第3チャクラって「自尊心」を育てる場所。
自分を肯定出来た先に、自分の個性を活かしながらこの先の道を自分が運転手となり
舵取りするところ。
自分で決めた事を、他人のせいにせずに自分で責任をとれるように育てます。

「誰かのせいでこうなった」という現実は存在せず
こうなったのは、最終的に選んだ自分に責任があるということを理解しておくこと。
それが、どんな結果であれ・・でも。


でも、生真面目になりすぎなくても大丈夫で
そんな自分の性質をより知ってもらうことも大事です。
ワークでは自分の性質に気付いてもらいながら、認識する方向性へ。
その後、性質をもって活かしていく方向へ。

意識するということは、自分の無意識の部分を顕在化していける突破口にもなります^^

ワークはマンツーマンで行いますが場所は、どこでも出来るのが特典ですね~。
希望があればどこでも伺います♪

 

LINEで送る
Pocket

第5チャクラ。私を表現したい。

cocochiのさおりです。

初めに、内容は私の中の例を挟みながら書いていますのでご本人の意思とは関係ない所も含まれています。

今日は第5チャクラの再受講を申し込まれてきたMちゃん。
彼女とは5年ほどのお付き合いになります。

色々な葛藤をしてここまで構築して来られたのですが
今回の再受講の目的は・・・
「もうそろそろ、本当の私を表現したい」

第5チャクラは声と言葉を使って、自分の感じた事(第4チャクラ)を表現すること。
みんなね・・
第4チャクラ(ハート)で感じたことを、なかなか口に出すことができない。
なぜなら、
「これを言ったら嫌われるかもしれない」
という恐れを抱えているから。

でもね、これには対象者がいます。
全体に発表することが恐い場合は、他者に認められたいという前提がないかを
見直せばいいのですが、個人的にこの人には言えるのに、この人には言えないという場合・・
言えない人を見ていくと、そこには失いたくない人がいます。
自分にとってとても大切で失ってしまう事が恐い人には、伝えることを躊躇ってしまいます。
そして、小さな嘘をついてしまいます。
天邪鬼になってしまったり、違う理由付けをして相手に伝えるのです。

この小さな嘘は最初は自分の中ではっきりしています。
でもね、次第にこの嘘は当たり前になってきてしまい自分の心から遠ざけてしまうのです。
そうすることが、自分にとって一番の方法策になってしまう。

自分の中で嘘をついたことは、無い事にしているのでどう言ったことが現象で現れるかというと
周りの人に嘘をつかれたり、嘘つき呼ばわりされます。
だけど、当の本人にはそんなことされる覚えがない。
そして、周りの人を責めるのです。

自分がその瞬間何を思ったのか?
そして、何故本当の事を言えないのか?
細かい心の動きを観察してみるといいですね。

自分の話している声に耳を傾けて、自分と対話すること。

自分は本当はどうしたかったのか?

これをやるには練習が必要なのですが、これがスタンダードになってくると
人に対して、素直にナチュラルに接することができます。

表現することの喜びを、自分がまず自分に許可を出し続ける事。
私もまた新しい領域で、練習中です♪

チャクラは螺旋階段のように、上昇しながら課題が変わっていきます。
より網目が細かくなってきくので、取り組むこともディープになっていくから
楽しんでいきましょ~~

LINEで送る
Pocket

超えられないを超えていくとき

cocochiのさおりです。

今日はチャクラ構築ステップワークの

第3チャクラでした。

このチャクラのテーマは

自立、信頼、勇気、恐れを超えるなど

最初に今の現状をシェアしていただきましたが

『あーまさに、今のタイミングだよね』

という、流れのなかでのワークとなりました。

ワークが始まる前、何気に開いたFBで

今日の受講者さまのお誕生日だと知った♬

続きを読む

LINEで送る
Pocket