私のこと」カテゴリーアーカイブ

昨日の記事の補足

さおりです。

昨日の記事の補足です。

「対極にあるもの」

について・・・。

あなたが今「ない」と思っているもの。

あなたが憎んでいるもの、不満だと思っているものの真逆もの。

それは、あなたの中に既に 「ある」 から、あなたの中で感じているのです。

誰もあなたの心の中をのぞいて それを奪い取ることはしません。

何故、対極を見せられるのか?・・

オセロのように、表裏一体になっていて見えなくしているから。

誰が?

自分が(笑)

あなたの中に白黒はっきりさせたいという、欲求が高ければ高いほど
それはそれは、すごく大きな真逆を見せられる
あるいは、見たくなくて隠していてもう感じたくないからこそ
沢山の鎧をつけてもってない自分になっている・・・

不満が多ければ、実は対極に幸せを持っていること
お金がないと感じているのならば、ない に意識が向いているだけで
今、生きている事を感じられていないから
お金が出ていく現象を突きつけられ、益々お金がないという幻想に苦しめられたり。
この辺りは人によって違うし、課題も違うので細かく書けないのですが
生きてきたストーリーで変わってきます。

感情ならば、悲しみを感じたくなくて怒りで出している。
そんな場面もあるでしょう。
怒っていれば自分に近づいてくる人も減っていくからね・・。

 
言い換えればそれだけふり幅があるという事で、大きなエネルギーを持っていて
そのエネルギーの扱いを身に付ければ、とてもスムーズに物事は運ぶということだし
扱い方を間違えると、周りから孤立して、どんどん疲弊していく。

そしてこう感じるんです。
「私は孤独だ!」と・・・。

私は自分の弱さを見せたくなくて、一生懸命に強くあろうとして
家事も、子育ても、実家のゴタゴタも・・
自分一人で頑張ってきました。
こんなに苦しい思いをしている自分に誰か気付いて欲しくて、我慢していた。
親や周りの人に・・気付いて欲しくて。
自分から言う勇気はなくて、周りに気付いてよって言う甘えの行動でした。

だけどね、降参するのは自分だった。

弱くてもいい自分をさらけ出して、人に頼る事。
そんなシンプルな事を本当はしたくて、一生懸命に真逆の事に力を注いでいたのです。

その事に気付かないでいるとニュースなどで弱者に関する内容を見たり
人から弱いという事を感じたりして、
「ほら!世の中ってこんなにも弱い立場の人には良くしてくれない。どうせ力を持っている人がいい暮らしをしていくんだよね」
って思い、益々自分は強くあろうと決意したりして・・。

いっぱいいっぱいになって、ボロボロに疲弊してから気付くんです。

人に甘えてもいいことと、頼る事を・・。

そうして自分とのバランスをとっていくことが心地よい生き方。

弱さも強さもバランスよく、使う事。
なんでもそう^^

目の前の人はあなたの中に眠るパワーに気付くように、あなたを怒らせたり
悲しませたりするような現象を引き起こしているように見えますが
引き起こしているのは、紛れもなく自分で周りは協力者です。

誰かと関わる事で、自分の中のバランスをとっていくこと。

一番身近にいる家族は大きな役割を担ってくれています。
特に自分が握りしめていることが大きければ、子供に現象化したりします。
ケガしたり、学校でトラブルを起こしたり。
 
握りしめて執着すればするほど、現象は悪化します。
そして自分は悪くないと思えば思うほどに、自分のエゴを増幅させてしまう。

ただね・・これは私の体験。
みんな違う人生の体験をしています。

しんどいけれど、やめられないこと・・
それもあなたの体験。

幸せだと感じる事。
これもあなたの体験。

私たちは体験することを目的とし、意識の進化を続けているのです。

苦しみも、悲しみも、憎しみも
歓びも、楽しみも、笑いも、分かち合いも・・

ぜ~~~~~んぶ。

誰かと誰かの間で行われる。

私はそれを「愛」を呼ぶ!!
 (どっかで聞いたフレーズだな)

それでいて、私は純粋に何を望んでいるのだろう?って生き方のシフトを
 これからは益々問われていきます。

「こうしなければ、自分の人生は安泰しない」という概念はこれから時間をかけて
変わっていくと感じています。
 

自分の個性を活かしながら、楽しんでバランスをとっていくこと。

変わらなくてもいい自分。だけど、気付いて意識を変えていくことは必要。
そうしないと、いつまでも自分の中に豊かさはうまれない。

幸せになっていい!!という許可を自分に降ろしてくださいね。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お知らせ~

さおりです♪

久しぶりの投稿です。

しばらく新月、満月ヒーリングはお休みさせていただきます。
(満月のアフロディーテの作用は6月まで続きますので、引き続き観察してくださいね。)

といいつつも、そんなに時間がかからずとも再開する感じも自分の中にも

あるのですが^^

自分の崩壊が進み、更地になって今感じる事は

「すべて丸ごとあなたのままでいい」

でした。

何も変える必要のない自分。

ただ違うのは、意識の観察者がいること。

分離していた自分ではなく、俯瞰できる自分がいて自我を楽しんでいる私を

愛おしく思う。

これからますます、この状態が進んでいくのだろうと感じています。

今、進んでいる私の中の大きな仕事。

「本当にそうしたいのか?」と事あるごとに、問いかけてきます。

それを感じることになるだろう、5月。

「純粋な私の望みを知る」

私の(あなたの)中にある望みはなんですか?

社会や周りのしがらみが消えた状態ならば、あなたの内側から溢れてくる想いは何ですか?

光も闇も

愛も憎しみも

あなたが比較しているものの対極にあるものは

必ず自分の中にもあり、自分自身が憎んでいるもの

それを許して認め合うことが、融合していくのに大切になっていきます。

いつまでも、批判ばかりをするのではずっと批判を生み出し

自分の中でずっと小さな戦争を続けています。

それが不平不満という愚痴を産みだしているのです。

不平不満はあなたに何を教えてくれていますか?

それがあっていいのです。

それらから、あなたは何を気付いていきたいの?

それが意識を進化させていくこと。

同じところをぐるぐる回るのではなく、螺旋状にあがっていくこと。

 

LINEで送る
Pocket

4月11日 てんびん座満月に向けて

さおりです。

久々の更新となりました。
春の陽射しとともに、心の状態や肉体の状態も
整いつつある時期ではないでしょうか・・
3月29日の、牡羊座新月では多くの人が「これからの自分について、どうしたいのか?」と
感じつつも見えないトンネルの中を歩き、それでも向かいたい方向性はここなんだ!という
確信みたいなものをつかんだような気がしています。

明日は蟹座に月が入り、上弦の月を迎えます。
蟹座は感情的になりやすく、売り言葉に買い言葉みたいになってしまいがちなので
自分の本心をしっかりと見ながら、満月へ向けて過ごすといいかなぁ~~って。

天秤座って私の中では、とても忙しいイメージです。
内側も外側も(笑)
物事や気持ちを天秤にかけながら自分も相手も調和がとれるところを無意識に
計っている感じ。
でも、自然。
けど・・・、やりすぎると「俺が・・。私が・・」の「我」さんがすんごい主張してきて
こんなにやっているのに~って不満を主張してきます。
そして、ご褒美頂戴!って。
実はこれはうちの主人(笑)
とにかく、「すごいでしょ~。ってアピール半端ない」
私は山羊座なのでいつも本質をついてしまって
淡々と鼻高々な天狗の鼻を折ってしまいますが・・(笑)

あ、話がずれました・・
金星のヴィーナスさんが近くに滞在しているようで
この前アフロディーテと繋がりました。
「美と調和と豊かさ」
に関する情報を受け取っていますので、満月のヒーリングに盛り込みたいと思います。

ボディメイク♪に発揮すると思います~。
お楽しみに^^

チャクラは第2チャクラと第3チャクラを意識してみましょう♪

LINEで送る
Pocket

ひとつの区切りをしてきました

3月28日牡羊座♈新月 遠隔ヒーリングお申込み受付中!

さおりです。
昨日書いた記事の流れから、今日はふと両親の眠る天王寺の一心寺へ朝から行ってきました。
子供たちの、卒業と新しい進路の報告と私の決意を改めて伝えてきました。
家に居てもどこにいても、両親へ思いは伝えているから改めてという感じではないのかもしれないけれど、お寺に足を運ぶという行為そのものが私にとっての区切りになりました。

お参りを終えお寺を出たと同時にメッセージの通知音♪
エネルギーと共に運ばれてきた言葉は私にとってのなんらかの合図だと確信しながら、
帰りました。

昨夜も古いアルバムの中から出てきて、捨てようと思っていた写真館の案内紙を見て
それが年始に車をぶつけた先の写真館だという事と、この案内紙がもう22年前のものだという
ひとつの点が繋がったところ。
私にとっての古いエネルギーの終わりを示しています。
これから、向かう先へひとつずつしっかりと終わらせているというサイン。

シーソーゲームも一旦終了したので、また目の前のことに取り組みながら
日々過ごしていきたいと思います。

お寺の近くに木蓮が咲き誇っていましまた。
父と初めて写真を撮りに出かけた時、大きな木蓮が咲いているのを思い出しました。

 

LINEで送る
Pocket

シーソーゲームしてます

さおりです。

20日の春分を過ぎていかがお過ごしでしょうか?

私は宇宙会議を8人というメンバーでとても素晴らしい時間を過ごしました。
ただ目の前の人から発せられる、エネルギーたちを感じそれについて
勝手について出てくる言葉を発していたことは覚えています。
きっとそれぞれに、みんなが何かを感じて岐路に着いたんだと思います。

私は・・帰り道にひとつの感情が沸いてくるんです。
「寂しい」という気持ちが・・。
電車の中で、それについて感じながらいくつかの点が視えました。

「ありがとう」と言われる言葉に対して、私は完全に受け取れない。
そこには、「私がやっている」という感覚があまりにもないからなのか
自分という自尊心みたいなものが、「役に立てたのか?」と思っているようでした。

そんなものは、はじめからないし
あってもなくても
今、行われていることが最善なんだということは知っている。

ただ顕在意識だけが、抵抗している。

そしてとうとう車の中で、泣いていました。
先月の新月後に起こったような酷さほどではないけれども
「私が今日死んでしまったら?」という問いをしていました。

何もしない私
何かをしている私
誰かを愛する気持ち
誰かから愛される気持ち

不思議なことに、命の灯が消えていくような体感でした。
私・・どうしたんだろう?って。
あまりにも無気力になりすぎて、火が付かない・・。

水の性質が多すぎて、全部が溶けてなくなってしまった感じです。

視ていた点は、お彼岸ということもあってか「両親」「先祖」
母が常に感じていた寂しさや悲しさ、そして怒り。
それを最後は自らの火で消したし、父はその罪悪感で寂しさを抱えながら最期を迎えました。

そして、「抱擁」「法要?」
もうひとつは「自己価値」

3つの点を自分の中で繋げながら、自分の観察をしている最中ですが
どうやら、大きな大きな愛を受け取るとなくなると思っているみたいです。

ひとつのフィールドを終えて、新しい領域を超えていく先に想像もつかない
豊かさを構築している最中らしい。←まだ潜在意識の領域の言葉です。
第4チャクラの多次元的なところかな・・
全部を手にしてしまうことの、恐さなのかもしれない・・って感じてます。

現にこの1か月、自分で断ち切ったはずのエネルギーに蓋をしてしまい
完全に胃が膨れ上がってしまいました(笑)
妙な体型になっています。
本当は怒っていたんだって、気付いた。

この怒っていた件と今回の「寂しさ」はリンクしているので、しっかり感じきることだけ。
怒りの対極は愛です。
愛をわかって欲しくて、本当は怒っていた。

誰かのせいではなく、そう沸いてくる感情は私のものでしかなく
寄り添ってもらえる言葉たちは、ハートから伝わらないと受け取れないのかもしれないし
ただ単に受け取る恐さがあるのかもしれない。
そんな気持ちのシーソーゲームをしています。

私たちは誰かを通してしか、自分の姿を知ることができない。
自分を知るには、目の前の人から感じるしかない。
そうやって、ひとつずつ、本来の姿に戻っていくのだから。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket