私のこと」カテゴリーアーカイブ

私の男女性が近づいてきた

さおりです。
私の中のアダムさんに話かけていることで、いくつか現象化したので
書き残しておこうと思います。

昨日の記事「傷ついた男性性の癒しが始まっている」で触れましたが、
主人の中の意識の解放について。

メールで絢香の「i believe」がめちゃめちゃいいねん。
聴いて~。
と・・・。

この曲って何年か前だよね?
結構古くなかったっけ?と思いながら聴いてみた。
私の感覚で、自分の葛藤の部分を受け入れ始めたんだなと思いました。
どの部分が響いて聴いてるの?とメールした。
なんせロシアとの時差があるから、すぐに返事はこない(笑)

で、好きな歌詞の部分は
「この胸の中に隠れている不安のうず
目の前にある自分の進むべき道はどれか 
人に流されてた日々 そんな自分にさよなら」
という出だしの部分の歌詞だった・・・。

今起こっている現象に対して自分の内側とリンクしてるんやなぁ~って、思ったので
気付けてよかったねと返事した。
それ以降の返事はなし(笑)
これが1つ目。

2つ目は娘がタワレコで視聴してきた
椎名林檎のアルバムがよかったと話をしてくれた。
あ~~トリビュートアルバムやんな?
レキシ、AI、木村カエラ、井上陽水、宇多田ヒカルなどといったメンバーのカバー。
そのアルバムが発売されたのは知ってた。
でも、題名まで知らんかったから何気に聞いた。
聞いた瞬間、「あ・・・」となった(笑)

「アダムとイヴの林檎」
またコンセプトが素晴らしかった。
世代を越える・ジャンルを越える・国境を越える・関係を越える

今流れとして既に起こっているし、この「超えていく」ことは
いつも自分の中にあるから。

私の中の女性性と男性性の名前にしていて、一緒に書いた記事に載せた
リンゴは黄金だった。
その時の記事「散歩中にうっかりアダムとイヴに逢う」
なんかリンクしてるよね。

3つ目は他愛もないこと、だけど重要なのよ。
散歩中に最近よく話しかけられるのが男性。
といっても、若い人ではなく~~~(笑)
私よりも10~20歳は上であろうお方たち。
私、滅多に話しかけられるタイプではないから本当に珍しいんですよ。

4つ目は。
玄関の脇にあるクリスマスローズ。
もう10年くらい咲き続けてくれていたのに、今年枯れた。
それも変な枯れ方。
急に水はけが悪くなって、水から異臭。
気になっていたのだけれど、見て見ぬふりをしていた。
さすがに水は捨てた。(1か月まえくらいかな?)
今朝、ごみ出しと一緒に土を捨てようと思ったので
掘り返そうとしたら、根がぎっしり~~。
これは、鉄製のスコップじゃないと無理かもって思えるくらい。
一か所、こぶらしき物体。
手に持ってたプラスティックのスコップから、鉄のくわに持ち替えた。
めちゃくちゃ大きな根の塊やった。

これ・・・
私が長年俯いて掘り返していた男性性やんな。
何故かそう思えた。
こんなに根を張り巡らせて、そりゃ水はけも悪くなるわ~。
と同時に私のアダムさんに「こんなにぎっしり張り巡らせてくれて、ありがとう」と
いう気持ちになった。
土が一度に捨てれないので、何回かに分けて作業します。

私の男性性はどうして掘り続けていたのか?
やっぱり傷つきたくなかったのよ。
小さい時何か誰かに対し口にした時の体験を、否定され傷として持ち続け
物凄い押し込めていたのかもしれん。

と、思ってたがしばらく経って思い出した。

小、中、高と目立ちたくないのにどうしてだか目立つ位置につく。キャプテンだったり、学校の代表になったり、修業式とかの節目に校歌を弾く人だったり。  そうすると、陰でこそこそと言われる。

そして仲間はずれされた。ここやな。目立つと釘打たれるから、自ら釘を押し込めた(笑)

傷つきたくないからこそ、細かい部分の意識を探求することへ繋がった。
でも実際は細かくなればなるほどに、傷つく範囲は広く深くなるというのに(笑)

女性性の存在の在り方が大きすぎて、現実的な部分へ繋げることを避けていたののだろうね。
だけど、傷つくというのは自分が解放できるからこそ傷にしているだけだから。
傷だと思う事に、実は才能に変えていける種がある。今は強みに変わったから。

実際傷つくな~という瞬間は劇的に減っています。
これは女性性の気持ちを男性性側で伝えるという
行動をとことんやった時期があったから。
今はそれを創造する力に変えていける位置に立っているし、これからも
そこは鍛えていくところ。

つらつらと書きましたが。
自分の中でアダムさんに話しかけた事で、男性性がより活性化しているのを
感じています。
自分の意識の繁栄は自分の日常にしかないし、気付かなければそのまま。

御利益を求め神社やパワースポットに行くだけでは何もわからない。
そこに行くことに願いをかけるのでなく
願いをかけた自分の心を知っていくことに知りたかった光がある。
私たちは日常を体験し感じることの中に、自分の変化を見出していけるのです。

LINEで送る
Pocket

意識の変化と時間の感じ方とこれから

さおりです
今日はめちゃくちゃ暑い~。
夜中、蒸し暑さで起きてしまいクーラーをつけました。
これから奈良は盆地特有の蒸し風呂のような時期に入ります~。
あ~~苦手^^;

意識が変化して拡大するごとにいつも感じるのですが、今までは時間としての感覚が伸び縮みしていているなぁというのが主流でした。
けれど最近は時間としての体感が「ない」という方が勝ってきています。
(あくまで私の感じ方です)

元々時間というものは時系列に進んでいない。
私もずっと時系列だと信じて疑ってなかった時は、過去というものに
対して「もう過ぎた事」だと思いながらあきらめていましたし、過去を振り返るという
感じでした。

今、セラピーを通して腑に落ちたのは時間は時系列ではなく、
ループしていて(と言っても同じ所をグルグルまわってません)、いくつのもパラレルワールドが存在する中で生きているということ。
みんなが同じ時間というものを共有しているけれど、見ている景色も体験したことも、記憶として残っている部分も全く違う。
だから同じものを見ても感じ方が違うし、そこで産まれる摩擦や葛藤する部分も違うのは当たり前なのです。
過去に握りしめた(記憶が過去にしているのだれど)、その摩擦や葛藤は過去に戻ることなく自分の中(内側)の意識を観じていけば解消でき書き換えていけます。

これは私たちが人間という肉体スーツをもちながら、魂が受け継がれていくごとに
個々に解消したい「なにか」があるからだと思うのです。

人は肉体としての役割を終えた時、人としての自我は消えるけれど、
魂が望んだ霊的成長が記憶として刻まれ、智慧が活かされていく。
だから私たちの知恵は過去にあるのではなく、今も同時に共有していていつでも「在る」ということ。

自分の中にあるのだから、いつでも引き出すことができます。

私は一時期、精神世界の本を読み漁った時があったのですが何故か「知ってる」という感覚でした。
その謎が魂の記憶からきているのだと分かった時、
これからその記憶を通して成長していくことがしたいのだと感覚でわかりました。(あくまで感覚ですよ)
それを成長させたくて、意識の探求をすることをしているのだなぁとも思っています。

今の時代に産まれている人は、地球の進化のお手伝いをしたくて全体として大きな規模のテーマに取り組んでいます。
その前に、個人としての成長と進化が急速に進んでいるなとも感じます。

「自分とはなにか?」と自分の内側に急に目覚め始めることから
始まったり、今までの仕事や生き方に違和感や疑問を感じてなにか強烈に「変わりたい」と促される人もいます。

そういう変化が自分の中で起こったとき、意識が変化してきているのだなと
感じることがスムーズに生きていくヒントに繋がっていきます。
自分は自分だと思ってきた仮面を脱ぐ時が来たのだ!と思ってみてください(笑)

今までのやり方に戻ろうとしてしまう傾向も何度となくあるのですが、
もしも・・自分がおかしくなったのでは?

と悩むのであれば
今まで関わりのなかったようなセラピーを受けてみるのも1つの選択だと思います。

これはプロセスですから、今まで意識が変化してきたなと自分を感じられる人は
また違う次元の扉が開いていくでしょう。
どちらにせよ、もう心配や不安ではない、安心を主体とした次元へ突入してきています。

LINEで送る
Pocket

立ち止まっても、また歩み続ける

さおりです。
今日は肌寒い雨の奈良です。
午後から、チャクラ構築ステップワークでした。
第2チャクラの回では、感情にフォーカスします。
シェアを聴きながら、前回の第1チャクラ後に自然と第2チャクラの取り組みに
入っていて、それを日常において認識しながらされているし
そんな自分を客観的に見れるような意識状態になっておられたことに、とても感動しました。
「自分の成長はわからないし、見えづらい」とおっしゃっていましたし、私自身もよく自分に対しては感じるとこです。
でも、こうして目の前の人の意識が高まるほどに確認させてもらえるのがありがたいですね。

18日に起こった地震では私の住んでいる奈良でも結構な横揺れで(建物の構造も関係ありますが)、改めて生きていることは、当たり前ではないという感覚でした。
私の中では恐さはなく、寧ろ静かでした。
意識を向ければ混沌としている部分ももちろん感じたわけですが、それよりも何か信頼するようなエネルギーを感じました。
何か新しい意識が産まれているなぁ~という感覚。

私自身、命については幼少期から関わる事が多くて、色々と感じなければならないことを放棄して、頭で納得させてきたことが本当に長く続いたなと
振り返ってみて感じます。

悲しみを感じきるのが苦手だったり、怒ることも苦手。
怒るポイントがわからないのは、自分がもつ振り幅も関係していて、怒るという針が自分に
触れるのが中々わからないのです(笑)
この前自分の中の男女性を見てもらった時に、女性性と男性性の開きから起こっていることも
わかりました。

女性性の存在の特徴でエネルギーを感知するのは得意だけど、言語化するのが不得意。
今「心」については人一倍感じることが得意であると同時に
これまた苦戦する事もしばしば・・。というのはここから発生してたんだな~と。
妄想か現実か?
なんて思う事も本当にありましたしね。
今でもあるか・・(笑)
だけど、自分の感じ方についてはとても信頼が深まってきています。

これからも受容していくことと、信頼していくことはより自分の源泉へいく道筋と
なっていくのでしょう。
例えなにかあって立ち止まったとしても、歩みは続けたいな~。

フリーセッションは自分の立ち位置を知り、方向性を知って修正していきます。

LINEで送る
Pocket

新しい糸掛けのエネルギー

さおりです。

今日はともちんのおうちで、とこちゃんの糸掛曼荼羅フリースタイルでした。

前回シードオブライフを掛けて3カ月しかたたないのに、私の中では去年掛けたよね?というくらい遠い昔になっていた。
前回のシードオブライフ記事はこちら

ともちんがblogで募集した記事を、タイミングよくキャッチして申し込み。

とこちゃんから、何を創りたい?の問いかけにシードオブライフかなー。と思って一度受容してもらったけれど、製作までの間に新作があがってきた!

とこちゃんオリジナルの糸かけ✨✨(blogはこちらから)

もう、これしかないやん!くらいにエネルギーがピタッとはまってそちらでお願いしました。

ここ数ヶ月のテーマと絡んでいるエネルギーと、動かしたいエネルギーは見えていたけれど言葉に出来なかった。とこちゃんの糸掛け曼荼羅は、はじめに自分の設定をすることで、そこに対してエネルギーを動かしていくというスタイル✨✨

私は何かに集中して創ることは、結構好きな作業のひとつ。
だから、本当にこのワークは向いていると思う。
設定は知らず知らず進んでいて、気がついたらもう達成していることもしばしば。

今回はずっと取り組んでいる男性性と女性性のテーマを、もう少し近づけていくこと。
私の質を現実化させていくところを、テーマにしました。

釘打ちから始めるのですが・・・。
頭の片隅には「あ、あの高さよね?」ってあるのに、どんどん釘を打ち込んでいた(笑)
はい~~
すでに、男性性の癖を発揮してました~。
でも、打ち込んでしまったから仕方ない^^;

最初に掛けた糸。写真はここまで。
ここからは、没頭して写真を撮るのをすっかり忘れてました。

直観で選んだ糸が最初はとても、ワクワクして綺麗やぁ~と絶賛していたが
そんな余裕も消えていく。
外側の糸は何回か掛けなおしした所があって、私の質を強めていくんだろうな。
それに対しての何か必要なエネルギーの調整なんだろうね。

本当は最終、ラメの青だったのだけれどしっくりこない。
しかも、掛け間違えて最初からやり直した。
で、白で掛けたい衝動!!だけど、白だとインパクトありすぎ?
と思っていたら、とこちゃんから提案。
これは?
という事で、1本多く掛けた最終の糸はシルバーになりました。(外側)
内側はシャンパンゴールドで天糸。

横から見たらまた全然違う世界~♪

 

今回も楽しい時間をありがとうございました♪

LINEで送る
Pocket

散歩中にうっかりアダムとイヴと出逢う

 

前回からの続きです。
統合していくプロセスについて

私の意識の世界です(笑)
妄想だと思うかもしれませんが、いたって真剣です。

ともちんのワークでの対話を進めまーす。と書いてからすぐのこと。
急な京都へのお誘いを受けた。ただ今、伊勢志摩ライナーで移動中!

予定に伴って、愛犬の散歩を早めました。
散歩の途中、私の中で対話が始まった。
私の女性性は男性性の農夫さんに話しかけた。
♡を(女性性)
☆を(男性性)として読み進めてください。

♡「こんにちは。顔を上げる時間は多くなりましたか?」
☆「顔をあげたり、俯いたりしているよ」
♡「太陽が照らすところを見てください。」
☆「あぁ・・僕はこんなにも長い間耕してきたのか」
と・・あたり一面を見渡して自分が俯いて作業をしてきた功績をみて驚いていた。

♡「もう十分です。どうか俯かずに顔をあげて移動してください」
♡「ところで、農夫さん。あなたを名前で呼びたいのですがいいですか?」
☆「どうぞ」

と言って出てきた言葉に驚いた~~~。
♡「アダム」
☆「それはなんだか、どう言っていいのかわからないけれども・・。
  じゃぁ、僕は君をイヴと呼びます」

まさかのアダムとイブやん!って、突っ込みたくなる人間意識の私(笑)
そのまま、対話続きました。
イヴ「あなたは顔をあげて私のことが見えますか?」
アダム「・・・・・・・・・。」
とてもとても大きく見上げました。

アダム「君はそんなに大きな存在でしたか。全然気づきませんでした。」
イヴ「私のところからはずっと見えていましたよ」
アダム「気付いてあげれなくてごめんなさい、いつも見守ってくれて、いつだって傍にいてくれていたのですね。」
イヴ「はい。いつだって傍にいました」

この瞬間2人がようやくお互いを認識し合ったことが理解でき、私は泣いていました。
現実では京都に行くためにしっかりメイクして、しかも愛犬の散歩中に・・・。
意識は「げっ~~~、メイク落ちるし」って思ってた。

でも、対話が勝手に進んで行く(笑)

イヴ「私の願いは私の想いをあなたが拾い上げ現実化していくことです。私はずっとずっとそれを待っていました。気付いてくれることを・・。
私の方こそ、声をかけなくてごめんなさい」

アダム「これから、声を掛けて欲しい。僕が叶えていくから」
イブ「ありがとう。どこに移動しても私はあなたをずっと見ていますから。」

こんな感じで終わりました。

あぁ・・
もともとはひとつだった。
アダムとイヴの神話的な話や、ツインレイのことってこういうことよね。
って、思ったのです。

女性性の声を男性性が拾い上げていく事。
このことを現実的な視点として書いたことがあります。
「自分の中で統合が起きれば感謝が沸き起こる」
FBでも共感していただくことが多かった記事でした。

しかし、これはほんの始まり。
自分を知るプロセスの一部なんです。
ここは、色んな角度や視点を変えて女性性も男性性も現れます。
だからこそ、農夫さん(アダム)はずっと耕していたんですよね。

今日の対話で、一番に自分の本質の声がお互いに聞けてなかったと腑に落ちたのです。
めちゃめちゃ深い統合でした。

と思っていたら、昨日イベントに来てくださった方からも嬉しいシェアをいただきました。
昨日イベント帰ってから、色んな身体の症状やら周りの家族の変化を感じておられました。

そして、私はこの事に気がつきたかったんだ!と

とても大きな気づきが訪れたこと。をシェアしていただき、69の日ですねー!と。

あーーー、そうそう。今日は69で陰陽統合やったよー。すっかり忘れてたから、またまた意識しなおす出来事だったし、私の中で起こった統合ともリンクしてました。

ほんと、こうして現象ですぐさま確認できて有り難い❤

ももさんとトーク&チャクラシェア@京都
お申込みはSNS経由で。

LINEで送る
Pocket