わかっていながら、演じるということ。

    こんにちは^^
cocochiのさおりです。今日の奈良は雨模様~。
もう梅雨に入ったとか?って、何かで目にしました・・。

今日はお1人様、映画。
「メッセージ」

観てきました♪
感想・・ もう胸の奥から込み上げてくる感覚で、「そうそう、そうやねん。」
「早く気付こう!」という感じの言葉が沸いてきました。
今見ている小さな視点から、枠を広げて大きな視点へ。
これは、いつも私が俯瞰する事を講座でも身につけてもらうことをモットーとしています。

映画見ているのに、沢山のフラッシュバックと共に一瞬ワープしていた自分に気付いた時
すごいびっくりしたんです。
あの瞬間、あの温もりや、あの表情って感覚と記憶で無意識に覚えているんだって。
だから、人は感情的になって嫌なことをぶつけるのだろう・・。

その感情を感じたくなくて、誰かを通して演じている。

私はここ数か月で今まで生きてきた中、一番大きな爆弾的な感情をぶつけたのですが
これって・・
私の感情+相手の出せない感情も一緒にだしたんだとわかりました。
一緒に昇華しきった感じです。まぁ、自作自演だとわかった時なんとも言えない気持ちと
出させてもらった相手に対しての感謝。

そして・・ようやく選択の日々へ戻ってきました。
私のいる場所でいかに愛をもって待つことの忍耐と溢れさせていく愛の両方を
活かしていくか。
それはどこまでも、どこまでも自己信頼でしかない。
相手を通して、自分を信じ切れるか・・・
それが、統合していく過程の一部であること。

そして女性が先に愛を開くこと・・なんどもやってきたけれど
やり切れた事でさらに深く理解できました。
男性側は社会的、現実的な部分を大変担っているから
全体的にとらえることが難しい人が多いです。
私は特に点と点の間を見ていることが多いので、中々理解しがたいし
自分でも言語化するのは苦手・・・。

受け入れて欲しいという気持ちは、同時に相手もそう願っている。

分かち合いたいという気持ちも、表面ではわかっていなくても潜在意識ではわかっている。
私たちはそうやって、ひとつひとつ誰かとの間でやり取りを重ね
人としても熟していくのでしょう。
人は言語を話せるから・・わかっていたとしても心地よく選択を。

2017年6月6日。
この日の空は太陽もパワフルで、虹たちの競演が美しかった~~♪

 

LINEで送る
Pocket