どんどん変化し、どんどん修正される。

さおりです。
今日は月1回来てくれる、Aちゃんのメンテナンスでした。

ボディメンテナンスの詳細はこちら

ご自身でキャッチされている部分と、身体からのサインはリンクしているので
私はとてもその時間を楽しく過ごさせてもらいます。

今日はチャクラとオーラの調整中にピコ太郎の歌が突然流れてきた(笑)
なんでその曲?って自分で突っ込み入れながら、映像をみていましたが
「○○と○○をくっつけて出来る新しいもの。」を、Aちゃんにお伝えするようにと・・。
めっちゃ可笑しくて、私は「勘弁して」って言ったような気がします。
その伝え方に笑ってしまったし、Aちゃんにわかりやすいようにハイヤーさんからのメッセージだったのですけどね。

第5チャクラのテーマは、4月あたりから全体的に動いているなという感じだったし
私自身もされを促されていたので、今月はその制限をはらうためのワークにも参加しました。
だいたい私は自分がワークに参加するときは、自分の中でテーマが上がっているときなので・・。

チャクラの動きとしてはこれから全部のチャクラと連動しながら(いつも全体で連動しているのが通常ですが)、第6チャクラのステージに入り(フォーカスされる)
全体の一部としての自分を観る領域に入ってくるだろうと思います。
起こっていることの景色の一部が自分であること。
プロセスは違うけれど、進む方向性は似ています。

「自分が何を選び、どう動くのか?」

世の中の色んな占いやセラピーのどの部分を自分の中に入れていくのか?
私が伝えているチャクラも情報です。
情報から自分はどの部分を深めるのか・・が大切です。

「○○はこうらしいよ。」と言った誰かの言葉を持ち運び続けるのではなく
「自分はどうしたい?」へシフトしていくこと。

今日のメンテナンスの中でもそういう話をしていた気がします。
現象を通して、だいたい同じテーマを拾いあげる自分を観察し続けること。
「この言葉最近よく聞くよね~」とか
「またこの身体の部分を痛めた」とか「痛めている人が周りにいる」とか。
これが現象です。

観察することの積み重ねで、自分への信頼がより深まっていくのだと思います。

私自身も昨夜あまりに嬉しいことがあり、その嬉しさを持ち運ぶということが起きました。
違和感というよりも、相手の反応で私が修正したいところを感じた時

「あぁ・・、これって嬉しがっていることをずっと感じていたいという執着なのか」
ということに気付いたのです。

瞬間に生きるという事は、その時点で終わりなのです。
それが分かっていても、細かくズレを認識していくことの連続なのだと思いました。

6月8日(金)Iハート愛Festa@奈良

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です