あぁ・・そうか!

さおりです。

「あぁ・・そうか!」

って、気付く瞬間が人生の中でたくさん訪れる。

それは問題に答えて解けたときの気持ち。

自分の今担当している次元でのそれぞれの問題(と思える)や疑問に取り組み腑に落としていく。

私は昨夜自分がこの3次元何を目的として降りてきたのか?を思い出した瞬間がありました。
光として降りた私の意識はどこへも行かずにずっと共にいたことを体感する瞬間でもあって、それは感動的でした。

そして今朝、前回の「次元とチャクラの体感は深まっていた」の加筆を書き終えた時
またひとつわかった事があった。

多次元を行き来している私の意識は、このblogを読んでいる人ならわかるかと思うけれど
解りやすい記事の時と難解な時がある。

よく「さおりさんの記事はわかりません」と言われることが多い。
逆に、前はわからなかったけれども、わかるようになりましたという事もあります。

それに対して、自分でもその難解さ?を感じる瞬間があるから時々どうやったらわかりやすく伝わるのかなぁ?と思い悩むときもあって。
でも、これが私の多次元的視点の才能なのだと・・
気付いた(笑)←今、めっちゃ褒めてる瞬間です♡
あまりにも普通すぎてわからなかった(笑)
 
その時体験したことを記事にしている。それがそもそも私のその時の多次元視点から書いているということ。だから読み手側にはわかりやすい時とわからない時があって当たり前なのです。
 
 
 今トランスフォーメションタロットを習っていますが、何度も出てくる「明け渡す」ことの理解も
深まりました。

私は共感力が高めだと思います。とはいえ、他の人と比べてきたというわけでもないのですが、そう感じる瞬間が沢山あるというだけ。その共感力が作用する受信力に対して辛すぎることもあって、「使いません」と閉じました。最近まで・・

自分と近い関係性の人と関わる時、本質のところと表に出しているそのエネルギーの波の違いにとてもがっかりして自分が傷つくというスパイラルに嫌気がさしていたからという理由が一番大きい。私の妄想なのか?と思う事にした時もあって・・。
本当にそれが体質なのか?ということさえも疑ったりして(笑)

それさえも、結局は自分の為であることも今ならわかる。

この共感力と明け渡すことを役割として私が使った時、最大限喜ぶ瞬間が訪れる方向へもう来ている・・。

多次元的に使うのか、フォーカスして使うのか・・

ここさえ自由に。

だから0次元・0チャクラと8次元8チャクラの重要さが活かされるのだなぁ~。
もちろん「ハートチャクラを中心に」が基本でのお話。

パズルの図柄にピースが浮いてはまっていたのが、カチッっとなったような体感です。
 
でも3次元的に生活してますし、ふつ~です。
いたって^^

おかげさまでランキング上がってきています。
ポチしてくれてありがとう♪

LINEで送る
Pocket