思い出すということとは。

さおりです。

私はずっと幼少期から同化して生きてきて

ある日思ったのね。

「私は何で産まれてきたのだろう?」って。

それから、沢山沢山自分を知りたくて取り戻したくて、いっぱい勉強したり、いっぱいやりたい事やってきたし、させてもらった。

そしたらね

ある時気付いたのね。

自分だと思ってたものって、本当は自分を守るための鎧だらけだったこと。

本当の私は鎧を外して外した先に、何も変わらずにいたんだよね😊

そんな私を沢山愛おしく、沢山抱きしめた時、溢れてくる涙に溺れそうになった(笑)

そんな自分に気づいても、日常は変わらない。
見え方が変わったの。
私が見ていた世界は、とても愛で溢れていた。

いつも日常は私のいる所を示してくれる。

だから、覚醒したから世界が変わって終わりではなく、そこからもずっと醒めながら生きる。

スピリチュアルとは、霊性を磨きながら生きることで
視えるのは元々私たち持っていた力が思い出された時、それを認めた時に使えるんだよね。

特別でも何でもない。みんな、使える。
みんな思い出せる♪

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です