乙女座満月 スピカ星からのメッセージ

さおりです。
3月12日PM11時54分に乙女座で満月を迎えました。

毎回私は、その星座に意識を合わせてオリジナルヒーリングを行いますが
乙女座に関しては特別な思いがあります。

乙女座にある一つの星☆スピカ星とのご縁があり、そこのスピネルさんという意識と
会話をしています。これは乙女座が月に近い去年の夏ごろ、突然私に起こり始めたこと・・

あまりにも半信半疑だったので、あまり情報公開はしていません。
今回はその情報を出したいと思ったのでお伝えしたいと思います。
あくまでも、私の意識の延長上にあることをご理解のうえお読みくださいね。

~以下ピンクの文字はスピネルさんより。~
~黒字はそれをうけて、私の意識の中から出ている言葉です~

宇宙における地球について個人的に稼働領域がどんどん広がっていきます。
これから、いつもと違う動きをしてみること。
それを制限しないでやってみること。
移動も意のままに。
タイムラグは個人の周波数によって反映します。

制限することは、自分に対しての不安や恐怖から産まれます。
まず、その不安や恐怖が自分にあってそれをもっていてもいいってこと。
そのブレーキがなければ人は前へ進んでいく勇気を必要としなくなり、アクセル踏みっぱなしで
危なくて仕方ありません。暴走するという言葉になるのかな・・。
自転車にも車にもアクセルとブレーキがあるように
人間にもその両方を使いこなせるように、備わっています。
上手に運転してしても、踏み外しても自分の人生の道は自分でクリエイトしていけばよいのです。
備わった使い方を間違えないように・・
それは言葉かもしれない、力かもしれない、頭脳かもしれない・・。

そして、周波数とありますが
すべて目に見えるものも見えないものも周波数を放っています。
私たちの周波数が放っているものが、目の前に用意されます。
それは、自分が創り出していることを理解してくださいね。
いつも心配ばかりしているなら、あなたの世界はずっと心配の連続でしょう。
心配もするけれど、超え方を知っているから私はいつも安心している周波数で過ごすと
決めれば、 何があっても安心だという世界に住みます。
あなたはどの世界の住人ですか?
あなたが信じている世界が見えている世界。

  
自分を思い出す旅をしているのだから、当たりまえ。
それをやりたくて望んでいるのだよ、魂は。
でも、記憶をなくすからね。
苦しいのも歓びも同じものだよ。
とても素晴らしい体験をしてにきている。

これはツインレイ(ツインソウル)について聞いてみたんですが、この体験自体が奇跡的です。
最近、ツインレイ(ツインソウル)についての情報が交錯していますが、まずその言葉に惑わされてしまうことから始まります。
ツインレイに向かうには私のなかでは、ツインソウルグループがいて、一緒に使命を遂行していく
ツインフレームと呼ばれる人が存在します。
私にはツインフレームは今のところ、2人かな。もしかすると3人?みたいな感じ。
フレームは一緒に学び合いながら、螺旋上昇していきます。
ツインフレームがもしかするとレイに変わる瞬間がくるかもしれないし、こないかもしれない。

個々によりプロセスが違いますから、自分の体験を信じていくこと。
これは自分を信じぬくこと以外、進みません。
目の前にこれでもか!という選択肢をつきつけられ
どんなに不安になっても、恐怖に飲み込まれてもその感情を感じきる事が
次へのステップになります。


苦しいのも歓びも同じものだよ」とありますが
本当に、感情の対極を体験したらそれはどちらもギフトだったことを知ります。
だただた、自分を思い出すだけために用意されたギフト。

私も実は先月魂が故郷に還ろうとしたのです・・
もう、目の前にきた課題が苦しすぎてもういいです!となった・・^^;
これはこの記事で触れています。


 感情の対極を体験することは、ツインレイ(ツインソウル)だけではなく全てにおいて通じます。
ただ・・
レイにおいてはその現象が激しすぎる・・という表現になるかな。
今までの俯瞰していた自分が崩れ去ります。

この肉体を何故もって産まれているのか?
肉体を持ち喜怒哀楽を感じながら、意識をあげていくこと・・
意識をあげるとは、自分が観ている世界から少し離れて視野を広げることです。
人は一方方向から見る癖があります。
360度の球体の一部しか見れないなら、反対も見れるように自分の器を広げること。
それが豊かさや安心に繋がっていくことです。

どれだけ、親が心配、子供が心配に感じても
その人の人生を代わりに生きることは出来ないのです。
心配だからと言って、その人を制限するのは実は自分の中に「こうあって欲しい」という
願望だったり、「自分がしてほしかったこと」が含まれています。
自分が欲しかったことでも、子供にも選択権があるという事を忘れないでくださいね。
個性をつぶしてしまわないように・・
そこに隠れているのは、「自分が認められたい」「自分が正しい」という観念です。

自分自身が、まず自分を自立させ依存させない関係性をつくること
信頼とはまず自分と結ぶことです。
そうすれば他者の事も自然と信頼できるようになります。
 
自分を知り自分と繋がる事は、宇宙と繋がる事。

それは自分を信頼し続ける事。

LINEで送る
Pocket