二度と行けないと思った土地へ再び3

前回の記事はこちから。

https://cocochi-saori.com/hutatabi1
https://cocochi-saori.com/hutatabi2

2日目・・
いよいよセカオワのライブ~~。
あまりの寒さにおののく友達が防寒着を買いにユニクロへ。
私はなんと下着を1枚持ってくるの忘れてしまったことに気付いて(笑)
モールに入ると、私に目に飛び込む女性の顔が同じ人に見える。
そこにくっついてくる感情・・
「くそっ!」
という、嫉妬に近いものだった。
あ、でもこれ違うなぁ~
見ていくと、なんと弟に対しての感情やった。
母を取られたという本当に幼い時に握りしめた感情。
「あ~~~こんなところに投影してたんか・・」と腑に落ちたら

それぞれの景色から見える事は、幼なかった私には知る由もなく
今ならわかることも、その時はその傷を抱えることで見えなくさせていく。
なぁ~~んか・・。
一枚ずつ剥がしてきた皮の一番底に辿りついた感覚だった。ずっと終わらせたと思ったたけれど、本当の意味で終わってなかったのだ。

セカオワのライブは、あっという間~。
席は遠かったけれど、毎回違うセットと演出に感動してしまう。
野外ならではの コレ↓

会場から近くで育った私だったから、今もそこに住む叔父が送迎してくれお鍋を振舞ってくれた。
芋焼酎片手に、馬刺しを食べ眠りについた。

夜中・・何となくライブの時から発生した胃の痛みで起きた。
珍しいなぁ~。
身体の不調って中々ないよなぁ~。なんて布団の中で思っていたら
「ん?・・もしかして・・・気持ち悪いかも」
と思ってトイレへ。
案の定、胃の中のものはトイレへ流れていきまいした(笑)
久々に体験した気持ち悪さ。
こんな感じやったよなぁ~なんて俯瞰している私と、吐いている私を同時に感じていたら笑えてきて、3回もそんな状況になりました。

落ち着いたかなと思ったら、今度は下から・・・(笑)
完全に空っぽ。
でもね、不思議と身体はしんどくない。

そう・・何かがあたった(食べ物が)という状況ではない。
一般的にはそう見えるけれどね。
これは、アストラル体の精算。
長い間持ち続けていた、葛藤が終わりを告げたのだなぁ~って。
本当に今回熊本に来てよかったな。という気持ちでした。

3日目は快晴。
母方の故郷の天草の海を友達に見てもらいたくて車を走らせた。

海風と潮の香はいつもそこに在る。
私たちはどこにいても、望めばどこにでもいける。
握っている制限を外すのは自分でしかなく、そこから先の道を創るのも自分。

目の前に現れる、人や景色は私が見ている景色。
それを誰かと共有できるのも、楽しみ。
個に戻れば、持ち帰った記憶は違う。
それでいいのだと思う。

色んな次元の層で、色んな体験をする。
個人の意図がそこに作用しているから、現象は違って当たり前。
誰かとの関係を育てていくことのプロセスが
自分にとっての挑戦であり歓びに変わるのだなぁ・・って。

だからこそ、私たちは肉体をいうスーツを手に入れ
それぞれの願いと全体的な願いへ向かっているのだと思います。

熊本は私にとってまた自由度が増し、何かあれば帰れる土地になりました。生まれ故郷だからね❤️

LINEで送る
Pocket

二度と行けないと思った土地へ再び2

https://cocochi-saori.com/hutatabi1
より続いています。

6日の予報雨。
降ったり止んだりしながら、南阿蘇へ向かう。
途中、桜が有名な一心行という所へ寄ってみるが葉桜で車から眺めて
次の所へ向かおうとしたけれど、脇に神社が・・。
「あれ?ここって去年私が来たかったところかも」と思って行ってみた。

境内に白蛇さんが・・♪
めちゃくちゃ綺麗な姿で、皮膚がピンクに見えたりして不思議と穏やかな
気持ちに包まれていました。
宮司さんのお話では地震の時も特に何も変化がなかったそうです。
本当ずっと見ていられるような、そんな蛇でした。

その後ホテルへ。
2年前に初めて宿泊した、ルナ天文台。
星の観測が出来、ご飯もおいしかったからまた行きたかったんだよね~。
でも、雨が降っているから半ば諦めていた。
まず、プラネタリウムに案内してもらい声のトーンに眠りに誘われあまり覚えていない(笑)
夕食の後、本来なら天体望遠鏡での観測。
しかし、まだ空は晴れず夜のプラネタリウムへ。
昼とは違った内容で楽しめ、十分満足していたら雨が止んだ。
なんと、雨の浄化でここ最近ではないくらいの空の澄み渡った感じだったそう。
アルクトゥルスとシリウスを大きな天体望遠鏡で見ることが出来た~。
アルクトゥルスとスピカの夫婦星の事などを聞いていたから、見れたこと自体に感動したなぁ~

そして星見が原という場所も行けた。

ここは、去年の夏できた場所。結局、このホテルで用意されているプログラム全部を体験できたんだよね。晴れてたらプラネタリウムは見れなかったし、雨なら空の観測は出来なかった。

一つ一つ味わって、スローな流れを感じ
寝袋に入り、一面の空を眺めぼ~~とする。
結構な寒さに、一緒にツアー参加した親子が早々に帰っていき友達と2人での空の貸し切り。
そんな中・・
「流れ星☆だ~~~!」
まさかのサプライズで感動した余韻のまま、
予約していた貸し切りの露天風呂に入り夜は更けていく。
なんと贅沢な♪♪

昼過ぎてから、急に痛み出した右の親指の激痛が
渡した手紙が開封されたことの確認になった。
思う事は色々あるだろう。
きっと気持ち的に怒りも沸くような事も書いたから。
それは私の中の真実であって、相手がそれを受け取るかどうかはわからない。
それでいいのだなぁ~と・・。
本当の意味で「明け渡し」が起きたなって・・。

そしてなんと次の日の朝の朝食時・・。
4月の雪。
料理長さん曰く、今まで4月に降る雪は2度目。
そんな貴重な日でした。

右手の痛みも次第になくなりました。

LINEで送る
Pocket

二度と行けないと思った土地へ再び1

さおりです。
4月6~8日まで熊本へ行ってきました。
写真は白川水源の源泉場所


去年の夏、ボロボロになった発端の土地。生まれ故郷にもう二度と帰りたくない・・
今度帰る時は不謹慎だけど、親戚の不幸事だろうと思う事で見切りをつけようと
していました。
もちろん熊本が悪いのではなく、そこにくっついている感情記憶が作用していて
帰ることで私の心の消化が終わっていなければ、辛いだけ。

そんな中。セカオワの野外ライブの告知。
被災地中心での活動なので、熊本を皮切りにツアーが組まれた。
行くとしたら熊本・・
「もう、今回は行かない」
そんな心境でした。
セカオワが書く歌詞の世界観が好きなんだよね。
天使と悪魔と言う歌詞の中で
「いじめは正義だから 悪をこらしめているんだぞ
そんな風に子供に教えたのは 僕らなんだよ」
って言う歌を始めて聞いた時、「あ~~こんな視点から歌詞を書いているってすごい」
って思った。
最近の歌詞は少し緩いけれど、最初の方の歌は2元論を超えていくようなものが多かったんだよね。

話がそれましたが・・
沢山のサポーターに頼ってひとつずつ超えてきた。
私が置き去りにしてたことや、執着したかった思いのこんがらがりを
外して外して助けてもらいました。
それでも最後の整理は自分でするしかない。
自分が請け負った大きな傷は、時間がかかっても治っていくことは知っている。
そこには、自分に対しての信頼はあることだけわかる。深いところから湧いてくる信頼。
結局最後は体験していく事が、自分の糧になる。

少しずつ浄化が進み、一度セカオワのチケット申し込んでみたけれど落選。
まだ進んでない内面とリンクしていた。
これが去年の11月。

今年に入って2月、そこに残っている宙ぶらりんなエネルギーを終了させたくなった。
見えている状況に対しての中途半端さが嫌いな性格で(笑)
もちろん状況にもよるけれど、終わりたいというのは進んでいる証拠。
「よし!今なら大丈夫!」
もう一度、チケット申し込みした。
当選した。
だよね・・・♪

この瞬間、宙ぶらりんな所への作業が始まる。
私は自分が伝えきれなかった気持ちや、自分から見えていた景色を手紙に書いた。
2か月の間、何度も書いて修正と加筆するなか沢山の事が見えた。
「あ~ここは私の傷だった」という部分。
古いエネルギーをとことん見せてもらえた相手に最後は感謝できる状態になり
もう渡さなくてもいいか・・って思った。
渡す時の私を想像したとき、私の中に恐さもなくむしろスッキリした感覚があったから
本当にどっちでもいい。
だけど、肉体を持っているならやり切ってみよう。
そうして、A6で11枚にもなった手紙を(本のように製版したけど)渡すことに。
連絡先も何ももうわからないその人がいる場所はわかっていたから、熊本へついてすぐのミッションをそこへ設定していた。

本人を確認して相手も私を確認し、出てきてくれたので
「お久しぶりです」と言って手紙を渡してすぐ帰ってきた。
手紙を読んでも読まなくても私はいいなって。
心からそう思えていたから、スッキリした気持ちで
その後のスケジュールへ流れるように入りました。

つづく・・

LINEで送る
Pocket

自由とは・・

さおりです。
気が付けばもう4月。
本当にあっという間に過ぎていきます。

私の日常は本当に自由で自分が創ってきた制限はかなり超えてきました。
今は大きくて深いところを微細に調整という感じ。
集合意識が抱えているような大きな大きなもの。

今私が感じている体感をいうと
ますます個人の世界が強まってきているなぁって感じます。
個人の世界とは個人個人が信じている世界。
そこに制限が多ければ多い人程、「なんか、うまくいかない」事が起きやすく
制限を超えてきた人にとっての世界は揺れは少ないけれども
周りとの調整を測られている気がするんだよね。

個人的な色(個性)が調和していく世界へと進んでいる

感情のサインをなかったことにして、人のせいにばかりしていると
必ず爆発します。
そのサインは自分のものでしかないけれど、それを内側に還して
認め、腑に落ちる瞬間がくるまで現象を変え何度もきます。

エンパス体質の人は相手が支配欲の強い人がきてしまうと
その人のたちまちエネルギーがまとわりつきます。
私の経験上、とても巧妙でした。

まとわりつき蛇のようにそれが絡むと、おかしいと思いながらもわからない状態になるのだと。
シチュエーションにもよりますが、意識は大事だと思います。
エンパスは強みでもあり弱みだから、今またそこに対しての理解が深まり
感謝に変わっています。

どんな動機か・・。
どんな関係か・・。

利害関係を持ちそこに期待がある人の言葉
そこに本音と建前が混在するとき、私には嘘に聞こえ
とても心地悪さを感じます。
その瞬間正直に伝える事が、益々必要だと感じるこの3次元。
関係性にもよるのだと思うけれど、同じような意識の人の間では
正直さはたやすいこと。
意志の疎通が困難だと感じてジレンマを感じながらも、きっと
それはお互いの成長になっていくのだろうと思います。
 
精神性をあげていくという事は、自分に対しての自由度が増すということ
違和感を感じても理由を外に見出さず
内にあることを知っている状態。
自由とは自分との契約をやめていくことです。
その分外に対しての自由度もあがる。
結局は自分で創り上げていく世界だから☆
これがパートナーシップ♪

LINEで送る
Pocket

久しぶりのザ☆奈良観光

さおりです。
今日は大きな満月が見えています。
春の夜空を見上げ、変わってく心と季節を楽しむ。

急に舞い込んだ私の奈良観光☆
奈良に住みながらにして、奈良のホテルに泊まり、美味しいお酒に料理。
その中に散りばめられた会話の中に、パズルのピースがあったり。


昔の私では感じられないほどの自由度と豊かさ。
幸せというものの定義は人それぞれあると思うのだろうけど
私にとっての幸せは、何の心配もいらない安心した世界で繰り広げられる
会話や情景の中にある。
人間だから、色んな感情も沸くし色んな出来事が起こってくるけれど
それも有難いなって。
その瞬間どのようにあっても、その先に超えたいものがあることを知っているから。

それが今の私のスタイル。
そこに私への信頼があるからこその、私の世界の創造がなされている。
ただただ、それだけなのだと感じる日々。

時空間の伸び縮みが激しく、案の定昨日の出来事はもう3日前くらいに感じる
夜☆
数時間前に終えたお仕事も、やっぱり遠い記憶のように感じられ
その過ぎ去っているかのような時間でさえ、ギフトだなと思います。
誘ってくれてありがとうね~♪

LINEで送る
Pocket