理解されたいという気持ち

さおりです

「理解されたかった」「理解されたい」という気持ち

みなさんありますよね?

私にもあります。今も完全にはなくなってないです。
その気持ちは一体いつからだろう?って・・
今、取り組んでいる事で強制的に思い出す事を促されているのだけど
私の場合、もう2歳とかから始まっていた感じ。

そして「理解されたい」という蓋をずっとつけていくと、理解されない自分に対して
今度は「あきらめ」になっていく。
このループが続くのだと・・。

特にパートナーに対して
言わないことで摩擦をさけるとか
言ってもわかってもらえない
という気持ちです。

 やっぱり両親が根底にあるのだなぁ~とつくづく感じた。
 
何かに対して行動するとき、言葉を掛ける時
「大丈夫」という言葉の奥に「あきらめ」がないかを感じてみると
いいかなって思う。

大丈夫というのは、絶対的な安心感という強い言葉と
大丈夫だよ・・。(多分)
みたいな不安や心配から自分に対しての言い聞かせのパターンがある

でね・・
これを見つけたからってどうにもしなくてよくてね。

あ、これか!
と自分の中で気づく回数を増やすだけ。
1つ気付いたからと言って、意識は何層構造にもなっているから
すぐになくなる訳ではないけれど
自分が一番に理解してあげることで圧倒的に気持ちは軽くなります。

そして、理解してもらうなんて不可能なんですよね。
脳のシステムが違うから。
ただ、共感はできます。
同じような体験をしていれば・・・の話。

みんなが圧倒的に握りしめているな~って気持ちは
自分を理解して欲しいのだと思う。
だから、悲しくなったり、怒ったり・・。

人間らしいなって思う。
私はその1人1人の生き方の中に、美しさを感じますし
見つけた瞬間嬉しい。

昨日も、「超えれたよ~」というクライエントさんからの報告に
泣きそうでした。

みんな信頼しながら生きるって素敵☆

進みにくいと感じたらこちら
★フリーセッション

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です