もう一歩の理解を深めて超えていく

さおりです。

今日はともちんのトランスフォーメーションズタロットのモニターを受けさせてもらいました。

まず、目的地へ向かうのですがお店が閉まってた(笑)
そしてその後も2件、お店へ向かうがなんとクローズ。

おもしろい現象が起こっている。

でも、そこにジャッジはなくむしろ楽しんでいる感じで、入ったお店はタロットをするには
少しシュールな「かごの屋」

定食感半端ない量を久しぶりに完食♪

ともちんにテーマある?と聞かれて、何日も前からずっと感じていたけれど

思い浮かばなかったのでテーマとなるものをカードで引かせてもらう事に・・・。

出たのは「怒り」

「あ~~~、ここって流れ的に自分の中で宙に浮いているとこだ」

そう思った。

両親についての怒りもとことん向き合って解消している。
最近までやってたテーマの残りもほぼ解消しつつあるけれど、その中心は掴めずにいた。
理由を探すよりも、「そ~なんかな・・」という感情や見えたデータが上がって来た時に
リンクする感じのスタイルになっていたから、有難いなぁ~って思った。

出てきたカードたち。

ともちんは1枚引くごとに説明してくれた。

その講和が深い。

私は「怒り」に対する使い方をもう既に知っているというカードが出た。
 
そのエネルギーの矢印を間違えた方向に使った時、母が死んだことを思い出した。

複合的に言うと理由はたくさんあるのだけれど、当時の私は母が死んだ事をかなり自分で責めて

それ以降「怒り」を認識する前に出すことの許可を制限していた。

それは私にとって地獄の扉を開いたことになっていたんだと改めて知った。

 

もう私は怒りの使い方を知っている。

それは私が覚めている状態を、認識しているから。

それがカードには対としてでてきて、ともちんが言うには奇跡的らしい。

ツインレイの体験の流れの中、怒りを出させてもらったことがあって

その中で私は覚めながら怒っていた。

その出し方の根底にはしっかり「愛」があることを認識していたから。

それらを才能として貢献させていく時期のカードの講和には心をわし掴みにされた~~

怒りの表面ではなく、信頼されてなかったことに対する怒り。

その傷を持ち続けているなぁ~。

噛み合わなかった、意識の層。

ハイヤーセルフからのメッセージもドンピシャ!!

「怒りをクリエイティブしていくこと」

なるほど・・・

この為に、私は体験をさせてもらえたんだなぁ~と思うと

私が私に対しての尊敬さえ沸いてくる。

 

意識するとことは「自分を受け入れる」だったので、どんな自分も存在させてあげることなのだと

講和からそれを聴いた時、体験そのものやその先にあるギフトが私の中にもうあることを

私は知っているという嬉しさが先にたった。

「無理に探さなくていい。あなたはそのままでいい」という自分に対する信頼と優しさ。

 

今朝自分で書いたメモの中に

「三位一体とるということは、自分の瞬間にいかに気付けることなのか」という内容を残していた。

日常の大きな部分はそれがスタンダードになっているけれど、瞬間をいかに三位一体とれるかは

最近訓練されているなぁ~と感じていたから、まさに!!のメッセージでした。

そして沢山枚数がある中で、ピンポイントに怒りに対するカードを出すという自分とハイヤーセルフのなせる業に「すげ~~」って感じもあり(笑)

自分をより深めていく段階と信頼、そして学び。

もう次のステージの序章が始まっていて、楽しみでしかないなぁ~と。

ともちん、ありがとうございました。

blogを書き終えて今、届いた来年のダイアリー。
かれこれ5年ほど使わせてもらっているのだけど、来年のテーマは

「幸せの青い鳥」に会える年♡

我が家のフロアマットも鳥~~♪

LINEで送る
Pocket