どんどん整理されていく

さおりです。

満月を境にというか、少しずつ始まっていた私の世界の整理がなんか加速しています。

何もかも見えなくなって、底をついた2月の新月からの約半年の体験は、私の弱みを自分自身がいかに認めてそれを強みに変えれるか・・だったようです。

これは、とこちゃんの妄想内科でも言われてたんですよ。理解はしたけれど、肉体のどの部分を使っていたのかが腹に落とせないでいた・・。

元々エンパス体質ではありますが、それを自覚したのは10年ほど前。

自分で出来る事はやってきたけれども、それでも使っていたんですよね無意識に。水の作用が多いから転写が簡単なんです。なので、目の前の人が方言で話せばすぐにその人のエネルギーで話せるんです。これって熊本から奈良に引っ越した時を思い出したんですが、この転写を使って比較的早く関西弁に馴染めたなーって。

自分とって大切にしたい存在であればあるほどに無意識に転写するというのを度を越して

「同一化」していた。

やっとその事が分かった(笑)

おそっ^^;

そこには、いろんな想いが詰まっていてもうぐちゃぐちゃに混ざり合った。

共感ではなく、同一化。

それはその人自身により近くなり、考えも感情も、ほぼほぼ私ではなく、その人「まんま」な状態に陥ること。

その人と同じエネルギーの一部を私が持っていたとしても、そのエネルギーは増幅されてしまい、あまりにも奇怪な行動に遠ざかる意識の私は

「おかしい」と気づいていたものの引き返すことが出来なかったのは3次元的感情と想いのこし。

それをやりきる必要性があったのだね。

そのうち、集合意識レベルでひろって知覚が広がりすぎてきて暗闇に浮いている感覚になったのが最近。もう収集つかず…な状態。自分で認識することでまたどう使っていくかを観察中だけど
信頼できる仲間たちがいることが心強い♡

これからは、この私の弱みを強みへ変化させて使わせてもらうこと。体験は内側で統合され、「ありがとう」という領域へとこれた。
みんなが調和をはかり、どこに焦点を置きながら過ごしていくのか?  めちゃめちゃ楽しみにしています。

LINEで送る
Pocket