立ち止まっても、また歩み続ける

さおりです。
今日は肌寒い雨の奈良です。
午後から、チャクラ構築ステップワークでした。
第2チャクラの回では、感情にフォーカスします。
シェアを聴きながら、前回の第1チャクラ後に自然と第2チャクラの取り組みに
入っていて、それを日常において認識しながらされているし
そんな自分を客観的に見れるような意識状態になっておられたことに、とても感動しました。
「自分の成長はわからないし、見えづらい」とおっしゃっていましたし、私自身もよく自分に対しては感じるとこです。
でも、こうして目の前の人の意識が高まるほどに確認させてもらえるのがありがたいですね。

18日に起こった地震では私の住んでいる奈良でも結構な横揺れで(建物の構造も関係ありますが)、改めて生きていることは、当たり前ではないという感覚でした。
私の中では恐さはなく、寧ろ静かでした。
意識を向ければ混沌としている部分ももちろん感じたわけですが、それよりも何か信頼するようなエネルギーを感じました。
何か新しい意識が産まれているなぁ~という感覚。

私自身、命については幼少期から関わる事が多くて、色々と感じなければならないことを放棄して、頭で納得させてきたことが本当に長く続いたなと
振り返ってみて感じます。

悲しみを感じきるのが苦手だったり、怒ることも苦手。
怒るポイントがわからないのは、自分がもつ振り幅も関係していて、怒るという針が自分に
触れるのが中々わからないのです(笑)
この前自分の中の男女性を見てもらった時に、女性性と男性性の開きから起こっていることも
わかりました。

女性性の存在の特徴でエネルギーを感知するのは得意だけど、言語化するのが不得意。
今「心」については人一倍感じることが得意であると同時に
これまた苦戦する事もしばしば・・。というのはここから発生してたんだな~と。
妄想か現実か?
なんて思う事も本当にありましたしね。
今でもあるか・・(笑)
だけど、自分の感じ方についてはとても信頼が深まってきています。

これからも受容していくことと、信頼していくことはより自分の源泉へいく道筋と
なっていくのでしょう。
例えなにかあって立ち止まったとしても、歩みは続けたいな~。

フリーセッションは自分の立ち位置を知り、方向性を知って修正していきます。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です