統合していくプロセスについて

さおりです。
「自分と統合していくこと」

統合(統合しながら)の先に自分の周りの世界と調和し、あらゆるものと融合して共存していくことになる。
私自身のツインレイプログラムは、私自身が統合を進める為の体験にすぎなかった。
ということ。
本当に、死を意識させられた体験は私のディセンションになったわけですが
そこから自分が元いた世界に戻るまで、一つ一つの次元をもう一度味わい、確認し、点在していた情報を繋ぎ合わせて統合していくことでした。

世の中に溢れるツインレイの記事を当時はよく読みました。
どんな状態なのかを知りたいという焦りと不安。
だけども、いつだって自分に軸があればそんな情報は他者の経験に過ぎない。
もちろん流れという視点から見れば、私も流れに乗ったのですが、
そこに「情」をくっつけたもんだからややこしくなった。
「苦しいならレイじゃない」
そう言われたスーパーバイザーからの言葉も、私には意識が遠のいていて受け入れたくないほどに
執着していました(笑)

その時すでに、片足ブラックホール!

情が悪いのではなく、新しい形にしていく必要性があったんですよね。
情から美しく強く、慈悲をもつ不動という愛の視点へと移行すること。

ツインレイが誰か!というのではなく、その相手から受け取った男性性と女性性の
質である光と闇を自分自身で統合させ、変換していくというのが、まず必要なんですよね。

誰にこだわり、「この人じゃないと!」ってなると妄想がひどくなる(笑)妄想はひどくなり、えらく混乱する。

本来は本当に目の前の人からいつも受け取っているんですよね。
そこを見逃してしまっては、もともこうもない・・・。

まず自分自身の存在を深く愛することが統合です。
愛するということは、どんな自分でもどのような自分でもその瞬間受容し、変容させていくプロセス。

自分が受け入れたくない自分は、どうしてそのように感じるのだろう?

湧いていた疑問や、周りを通して感じる疑問を自分の内側の女性性に問いかけてみよう。

問いは自分の内なる信念が応えてくれる。
すぐではないかもしれない・・・。
けれど、このすぐではない時間さえも自分のプロセスなんですよね。

先日ともちんの男性性女性性のモニターを受ける機会をいただきました。
(今はモニター受付終了されています)
blogで書かれているように、とても誠実な在り方にいつも感動する。

感想としては、私がいつも私自身の中に感じていた

・掴めない感覚。
・それを出来る事だけはわかるという確信。(エネルギー的に)
・いつでもそのわからないものに対しても、大きく深いところから沸いてくる大丈夫というなにか。
・瞬時に受容してしまうので、疑問がどこかへ消えてしまう。

一方で
・この部分はいったいどこから作用しているの?
・この掘り下げをした先の宝探しみたいなものが好き
・で?この先これは何か成果みたいなものあるん?

が同時にありました。
大きくわからなすぎるものに対して確信が欲しく、そこに対しての
信頼を深めたく(同時に不安)て、色んな世界を垣間見ることが好きでした。
そして繋がった瞬間の喜びが私のマニアックさだと思っていた。

ここはある意味間違えてない・・。
けれども、ともちんのチャネリングで深く腑に落ちた。

・まず女性性はこの世界のものではない。
・次元の高い存在。(色は白)
・なんでもできる、できないものはないと思っている
・おおらかで何に対しても大丈夫と思う
・だからこそ自分から働き掛けをしない。いくらでも待てるから。
・境界線がない。

覚えているのはこんな感じ。

私の感じたエネルギーを画像にするとこんな感じ

続いて男性性
・3次元存在
・農夫
・ずっと俯いて何かを耕している(掘っている)

でした。

(この画像探したけど、バッチリくるのが見つからなかった。)

これ聞いて「私が感じていること、やっている行動、そのまんまやし」
って瞬時に感じた。
ともちんは2人の間にあまりにも差がありすぎるから、女性性から働きかけるといいよとアドバイスを☆

盲点やったな・・。と感じました。
自分との対話には慣れているけれども、自分の中の男女性としての対話はしてなかった。
これ、進めると統合はやくなるよね。
確実に。って理解できました。

この流れは先月からきていて、まさに!のタイミングでした。
スーパーバイザーから
私が扱えるエネルギーは箱一面にぎっしりと、それも厚みがあるのだと
教えてもらえた経過があったので、このともちんのワークでさらに深まったのでした。

繋がりをつけたい。これが最近の衝動だったから。

女性性の質を男性性が活かしていく事。
ここは私の計り知れない深い歓びへ繋がっている。
楽しみでしかないのです☆

それはもう去年の末に糸掛けに具現化されていたから。
ただただ、コミットメントと対話がなされていなかっただけ。
日々、対話をしてみます♪

次の記事へ続くよー。

6月15・16日
ももさんとトーク&チャクラシェア@京都
お申込みはSNS経由で。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です