自分の中で統合が起これば感謝が沸き起こる

さおりです。

自分との仲直り
自分と統合
自分とのバランス
中庸で生きる

これらは言葉は違いますが、
「人間一人一人がもつ男性性の質と女性性の質を整えていきましょう。」
ということです。

女性性の解放という言葉をよく聞くだろうし、私もヒーリングなどの告知では
使わせもらいますが このことを理解できているか?と問われたら
隅々まではわからないと思います。

男女性の質を言葉にするなら
女性性
受容する力(母性)
直観力
子供のような無邪気さ
五感(感覚)
愛される

男性性
行動力
守る力(父性)
理解して伝える力
愛する

となって、少し難しい感じになりますもんね(笑)

直観で私こうしたい!
「今、あれが食べたいとか○○してみたい!」が女性性

「ではそうしよう。」と言って行動するのが男性性

ここで、「あれ食べたいけど、太るからやめておこう」
という言い訳をして女性性に我慢させようとします。

そして
「カロリーの低いのを食べようと試みます」
するとそれがあまり納得していないから、自分の中では「拗ねる」という
歪んだ男性性が発揮されるのです。

こういう我慢が一瞬のうちに行われていくことで
女性性が育たないし、子宮に溜まりやすくなる。
だから、女性特有の病気を発症しやすくなる。

女性性を解放するとは、「自分の中で沸いてきた声を無視しない」ということ。
今、出来なくてもタイミングがきたら「叶えてあげよう」という男性性がいて
セットになる。
これが陰と陽の作用。

この2つの質が叶ったことを「統合」というのです。
そして叶った瞬間、「嬉しさ」「歓び」という感情が沸きます。
この積み重ねが「感謝」という作用を産みだしているのです。

出来事の中で、不快な事やどうして?というような出来事があったとしても
それは自分の内側で創造したこと。
それが、外側に現れていく。
それは、自分の中の男女性を整えていく為に自分が自分の為に起こしている
出来事に過ぎないということです。

自分を知る事とは、自分の質を知ってあげることで同時に理解してあげること
  
体験していくことと同時に自分に対しての責任も深まっていく。
「誰かのせいにしない自分で在ること」
 
私は人一倍それを理解したいと思う。
だから、生きているのだと思う。

本当に生きるってことは、全ての出来事が感謝に変わっていく
瞬間が訪れるのだと思います。
出来事の大小など関係なく、いつでも起きているのだと。

フリーセッションはこちらから

6月8日(金) I♡愛還元祭@奈良 に出展します。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です