宇宙シェア会とパンケーキ、そしてツインのお話

さおりです。

12日はこの方との宇宙シェア会でした。

天乃羽 七さん
 
前日?だったけか・・・急に情報を拾ってアクセスしてみた。
スイスイ事が運び、参加することに。
 
当日、なんと奈良はゲリラ豪雨。

しかも、我が家は水が上がってきやすい地域で気づけば玄関には大量の水が入っていて
靴が浮いていたし、トイレは逆流~~(笑)

ちなみに我が家の玄関
完全床下浸水です。

でもね、11時からのシェア会は行くと思ってた。

だから出掛けてみた。

すると今度は駅に溢れかえる人(@@;)

見慣れない光景に何事かと思えば、電車は運休状態。

「あ、でも大丈夫なんだよ♪」という直観だけはある。

40分待ったけれども、動いた電車。

朝の7時過ぎから待っている人々もいたみたいで、私はラッキーだなって思いながら

満員電車に揺られ、シェア会に遅れたけれども無事に到着。

こういう信頼感は私の中には普通にあって、ななさんに宇宙と繋がっている体感ありますか?
と問われて、このことが体感なのだという感覚がもはや普通になっている事に気が付いた(笑)

そして話はツインレイのことに・・。

ツインレイのお話。初めて出します。
これはやっと私の中で理解が進み始めたことと、同時に昇華されていっている感覚があり
表に出す許可できたのだと思います。

なので、過去の関連記事にもタグ付けをしました。

ななさんとの、あるある話を沢山シェアしました。

そしてこれを肉体もってやるには辛いし、死んでしまうという見解が一致した。

どれだけ魂が望んでいても、やりきるにはどちらかが覚醒しててもしていなくても

波瀾になって破たんする。(あ、あくまでも私の場合)

めっちゃいい感じで進む人もいると思いますし、これから全体はここへ向かうのだろうと
思っています。

ツインレイの体験って本当にそれぞれなんですよね。

人ぞれの体験があり、それでオールOK。

でもって、これってツインレイ?って問われてもそれがそうだったのか?
真実は自分の体感だけでしかわからない部分。

エネルギーとして存在する。

そういった方が私には響くかな

きっとこのミッションする人ってマニアックです(笑)

そして自分に対してストイックです、きっと・・・。
 
 少なくとも私は・・・ですよ^^
 
  
  
   
ちなみにね恋愛の延長ではないです。

恋愛だと思ってるくらいの一般的なお付き合いくらいが、いい関係性を創ることが
できるだろ~~な♬って思います。
 
ツインレイは陰陽統合の為、全体の一部として動く感じです。
自分という肉体を使って。

ここは関係性が異性だけではないですし、相手が自然(木とか、場所)とかも在りえるらしい・・

人間同士だと自分の光と闇を見させてもらうし、出しもします。

光の時はめちゃめちゃ至福です。本当に・・このエネルギーを感じたらこれが続くだろうって
思いたいし、何度も思い出します。

そのうち統合するための闇が出てきます。

これはかなり過酷でした。自分にも見せられ相手にも出すのですから、
自分が観たくないものを突き付けられます。

ただ、私の体験でお話するならば

私の場合、深めているところのテーマを正直に自分を超えるためにやった感じです。

その時のテーマは自分の素直な気持ちをシンプルな言葉で伝えることでした。

遠回りをせずに、嬉しい、楽しい、悲しい、寂しいといった言葉たち。

それは相手にとっては「わがまま」でしかないと捉えられました。
わがままを言ってはいけないと自分の中に許可をしていないから、当然の抵抗だと思います。
 
違和感を感じたならば内側で統合させていき、反転させて外側へ出すのです。

全部をそうしてもいいけれど、私は2人で超えていきたいという感覚が強かったと思います。

でも当然精神的自立がそこには求められる訳で、  

私自身精神的な部分ではずっと深めてきたという自信もあり、その立ち位置から見ると

申し訳ないけれど(傲慢ではなく純粋に)、精神的にはほぼ着手できない状態のあり方でしたので理解不能だったろうと思います。 

ん~言葉にするのは本当難しいのですが、精神的にも「知っている」という感覚の人ではあるけれど、右脳と左脳が連動していなくて理解したくないという感じかな・・・。
 
 
究極の担当をやるには、社会的にやらなければならない圧倒的な精算が進んでいなくて(相手が)、最後は私に対して恐怖のエネルギーだけを出しながら、被害者になって去っていった。

そうすることが自分にとって楽な選択方法であり、私の為でもあったのだろうと今はわかりますが
 
波を感じるのが得意な私は、精妙なエネルギーを感じてしまう自分を呪いつつ

人間的切なさや悲しさや、怒り、どこにもっていっていいかわからない憤りを

消化するのに時間がかかりました。

正直まだ完全ではありません。時々、ふいに魂が繋がっている感覚を思い出し
 
まだ3次元的映画のシーンを夢物語として消せない自分がいます。

人間をしに来ている以上は、そこは消せないし消す必要はないもの知っていて

折り合いをつけていくところなんでしょう。

それが自分の調和であることに繋がるから。

 

なんで、願ってもなかった形で私がこのテーマをやっているのか?

本当に苦しんで・・(そりゃ魂は知っていたのかもしれませんよ(笑)

ハイヤーセルフにどれだけ、文句いったかわかりません^^;

本当、死ぬかと思ったから。

前々回の多くの人が自分の願いに沿っていきていく。私のさらに深い願いへ。
のなかの人魚のお話とlink
していたことがわかり、またそこへ戻ろうとする私の感情が

動いてしまいました。

とはいえ・・・

ごめんなさい。しばらく勘弁してください・・・な状態です。

まだやるんか~~い(笑)と突っ込み入れながら。

今度は新しい形を望みます☆☆

 

私は動物の個性心理学的にいうと

「真面目な冒険者」なのですよ。
 
だから、何事も真面目になってしまう。

傷つきながら、真面目に冒険するんです(笑)

おおきな海原へ向かってね♪

それが私の個性だと受け入れながらね~~

LINEで送る
Pocket