夢の中で夢に気付き さらに腑に落ちたこと

さおりです。

今日は今朝の夢のお話・・

新月のエネルギーの影響で、昨日ちょっとのお昼寝のつもりが
気付けば
3時間寝てた(笑)
今朝も、夜中から寝て朝に娘を起こして再び10時過ぎまで寝てた私。

この夢を見たのはおそらく新月に入った直後だったと思います。一度明け方に目が覚めたので。

夢を見ながら夢の中で・・これって面白い夢やなぁと気付いてる夢でした。

・・・・

今回登場人物として現れた1人の女性。

その方とは今は交流はないのだけれど、子供達を通してよく関わっていた方。

久しぶりに夢であった彼女は髪の色が金髪でした。

2人で予約したお店に向かいながら、途中で共通の友人2人に出逢います。

私は『わー久しぶり!元気?』というと

その2人はけげんそうな顔で

う、、、うん。と立ち去りました。

あ、私の事避けてますね?と瞬時にわかったので、金髪の彼女になんかあったの?と聞きました。

そしたら、うーん。後で話すね。

と・・・。

次の瞬間、私は彼女に話はじめていました。

おそらく何か話があったのかもしれないけれど、もうシーンの中では瞬時に
話始めるというところ。

『相手からどう思われようと、私は私のしている事を信じているし それをどう思われようと構わないし いい顔してお付き合いはしたくないし 正直に調和の世界で生きていたい』

そう言いながらはっ!としました。

「これ、試験だ!」

金髪の彼女自体がシンボルになっていた。というのも、名前がそうなのです。
ちょっとここでは書けないけど・・。

私は夢を通して試されていたんだなーって。「この門を通りますか?」と。

ちゃんと、自分を信じ大切に生きれるのかと。

夢の中で夢だと気づいて、腑に落としていくという何とも不思議な出来事でした。

そして、この後彼女が伝えたかったことをアクセスして聞きにいきました。

けげんそうに去った友達は私がやっている事を理解できないし批判的。
何のためにそれをしているのか?
それでお金を稼ぐ事も理解できない。

と。

それを彼女はどう感じるか?と聞いてみました。

すると、以前は彼女自身もそう思っていたけれど

今は てらちゃん(彼女からはそう呼ばれている)が言っている事が
少しずつわかってきて、それをもっと知りたいと思ったから 今日会った。
でも、こうして周りの友達から距離を置く事も不安がある。と・・

なるほど~~~

この問いがあっての、私の答えみたいなものがここにあったんだね。
本当、アクセスで思い出せるのだと感動します。

 

友達が私に言った不安な気持ちって、通過点みたいな感じで

誰しも意識が変化していくときに起こる事だよね~って思った。

何かわからないけれど、惹かれていく自分の意識と顕在意識の自分が葛藤するんですよね。

私もそうだったし、これからもそう言う事って続くのだろうって。

潜在意識が広がるたびに、顕在意識で起こってくる事との調和へ向かうとき葛藤をかんじます。

超えてしまえばそれが当たり前になるけれども、慣れるまでは自転車の補助輪を付けていている状態なんだなって。
ふらふらしながらも、いつの間にか自然と乗れる状態になる。

心配はいらないし

みんな 同じ世界へ向かっている為に

思い出す

ことをしている。

ない

状態ではなく

あったことを思い出す

 

あ~~今日22日の新月ってこうして、次の世界への橋渡し的な日のエネルギーが
強く認識出来た日なんだって思いました。

 

 

LINEで送る
Pocket