罪悪感とは?

さおりです。

最近、私は自分の為にカードを2、3種類引いてみています。
時間はランダムですが、カードの性質の違いとか、メッセージとしての連動性を
ヒントにして過ごしてみているのです(笑)

自分でもマニアックだなと思いつつ、昨日は行動としてそれが活かされた瞬間を感じました。

カードで出ていたのは「気付き、直観」と「罪悪感」でした。
そうなんや~と思いながら、ヘナ染へと出掛けました。

地下鉄の駅で「あの~すみません」とイケメン男子に声を掛けられ♡
駅の名前を聞かれたわけです。
韓国人っぽかったのですが、おそらくその駅にはこの電車乗れますか?的な聞かれかた。
普段から行先にしかセッティングしてないので、その駅がどこにあるのかさっぱりわからない私。
看板を見たけれど、目が悪くてよく見えなかったのもあり、「ここじゃないです」と伝えました。
「駅員さんに聞いてください」とジェスチャーして私は電車に乗りました。

電車に乗ってすぐ次の駅名がさっきイケメン男子に聞かれた名前やった^^;
「わぁ~~~ごめんなさい」
って思って、そのまましばらくちゃんと乗れたのかどうか意識が飛びました。

で、気付いたのがこれが「罪悪感」やな。
ってこと。

ちゃんと出来なかった自分を責めている。
もっとちゃんと知っていれば、あの人が困らなかったのに・・。
って心の動きを見てました。

罪悪感って何かに対して責めることなのですが、これをシフトしていくと
よい方向へもって行けます。
罪悪感って「優しさ」なのです。
私の場合は困っている人を助けたかったな・・という思い。
そして、無知さが運んできた事も。

だから責めるのでは一旦やめて、自分が失敗したことを知る方向へ向けてみる。
私はこの行動で、駅名は覚えないけれど(笑)
「すぐに駅員さんに聞いてあげれば早かったな」と最短の行動を気付きとして得れました。

でね、まだ続きが・・
帰りの電車の中で、前に座っていた方が私と同じ駅で降りようと席を立ったのですが
端に小さな紙袋があったの・・。
気になったので、「お忘れでないですか?」と声をかけてみた。
そしたら「あっ!」と言って取りに行かれました。

気付いたら今度は違う形で行動することが出来たのです。

最初の例とは少し現象が違うのだけれど、声をかけなかったら私はまた罪悪感を
感じていた事でしょうね~。

自分とのパートナーシップの取り方は、陰陽の性質を持っている自分に気付き
シフトさせて使って行く事。

今年はこの部分をブログに書いていく事が増えていくでしょう♪
まずは自分とのパートナーシップを育てることが、現象として変わっていきます。

ヘナ染めしている美容室の店長さんに「雰囲気変わりましたね~」「凛とされます」
って褒めてもらいました♪

パートナシップのお話はフリーセッションで。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です